白鵬、最後の一番の「変化」に見る必死さ リスク背負っての「賜杯奪還」だった

印刷

   大いに盛り上がった大相撲大阪場所は千秋楽の2016年3月27日、横綱白鵬が14勝1敗で36度目の優勝を飾った。

   ところが変化して勝った最後の一番を巡って様々な声が上がり、横綱の優勝のあり方が問われることになった。

  • 変化を選んだ白鵬の胸中は
    変化を選んだ白鵬の胸中は

勝負の瞬間に起きたブーイング

   異様な優勝インタビューだった。

「あれ(変化)で決まるとは思わなかった。申し訳ない」

   白鵬が涙をこぼしながら、謝ったのである。これは、横綱日馬富士を左に飛んで勝った相撲に、場内からヤジが浴びせられたからだった。

   NHKテレビの解説をしていた舞の海が勝負決着の瞬間、場内が騒ぐのと同時にこう叫んだ。

「ブーイングですよ」

   両横綱が正面からぶつかって勝負をつけてほしかった、というファンの声は当然としても、解説者が解説するより先に発する言葉ではないと思うのだが、どうだろうか。

   振り返ってみると、初日に白鵬は宝富士に負けた。

「衰えたかな、と思わざるをえない」

   そう指摘する専門家がいた。それが2日目から勝ち続け、11日目から稀勢の里、豪栄道を連破すると、その専門家の感想がこう変わった。

「まだ力の差は歴然。格が違う」

頭を駆け巡っていたはずの「引退」

   一夜明けると、白鵬は冷静に場所と優勝を振り返った。

「優勝するというのは、大変なんだな、と改めて思った」
「(最後の一番は)勝負だからね。賜杯を抱きたい気持ちが強かった」

   今回は4場所ぶりの優勝で、賜杯から遠ざかっていたとき、おそらく「引退」が頭の中を駆け巡っていたに違いない。実績からして3場所も優勝していないというのは、自分で許せなかったはずだ。だから何がなんでも優勝しなければならないと意を決し、その結果が変化による勝ち星だったともいえる。そう言う意味では自分との闘いだったのではないか。

   変化の手段を持って勝つ。もし、その変化に失敗して敗れたら、それこそみじめである。そのリスクを背負うのが変化である。野球でいえば、スクイズでサヨナラ勝ちというところだろう。

   勝つための変化、スクイズも日頃の稽古、練習の成果、という考え方もあるのではないか。

   ただ、大横綱の優勝を決めた勝利が変化ということで、今後、そういった相撲が日常化しないか、という懸念はある。白鵬だってやったじゃないか、といった風潮を恐れるばかりである。

   15日間「満員御礼」となり、懸賞本数1672本は地方場所の最多記録。そんな中の白鵬の優勝で間違いなくいえるのは「必死の優勝」だったことだ。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中