天皇皇后両陛下、静岡訪問取りやめ 熊本県の地震で

印刷

   宮内庁は2016年4月15日、熊本県で発生した地震をうけ、天皇皇后両陛下が同日予定していた静岡県への訪問を取りやめたと発表した。余震が続いており、現地の状況が不明確なため、少なくとも15日中は御所で状況を見守る必要があると判断した。両陛下は河相周夫侍従長を通じ、被災者のお見舞いと災害対策に従事する関係者へのねぎらいのお気持ちを熊本県の蒲島郁夫知事に伝えた。

   両陛下は日帰りで静岡市を訪れ、「日本・スペイン・シンポジウム」の関連行事に出席予定だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中