熊本城の崩れた石垣から「観音菩薩」  FB投稿が話題に

印刷

   熊本地震で大きな被害を受けた熊本城(熊本市)で、崩れた石垣の石から戦国時代に彫られたとみられる観音菩薩が見つかり、インターネット上で話題になっている。

   一連の地震では城内53か所の石垣が崩落した。そのうち、北大手櫓門跡の石垣は隣接する「加藤神社」の境内に崩れた。神社の宮司が4月下旬に被害を確認したところ、1つの石の側面に観音菩薩が彫られているのを発見したという。

   5月11日、神社のFacebookに写真を掲載したのを機に話題となり、15日11時時点で4700件以上の「いいね!」が付いている。

   複数の報道によると、菩薩の背丈は約40センチ。蓮華座に立ち、後光が差している様子が描かれているという。神社のフェイスブックでは、

「凡そ400年前、当時の石工さんが願いを込めて石垣に納められたのか...当時の状況はわかりませんが、永い時を経て現われたこの観音様に想いを馳せると胸を揺さぶられます」

と紹介している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中