「嫌われアッコ」発言にネット感動 「乳がん」麻央へのエールが大反響

印刷

   歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)がフリーアナウンサーの妻、小林麻央さん(33)の乳がんを会見で公表したことを受け、「芸能界のご意見番」こと歌手の和田アキ子さん(66)が小林さんの容態を気遣った。自身も過去に子宮がんが見つかった経験から、他人事とは思えないようだ。

   和田さんの発言はネット上で批判を浴びることも多い。だが、今回ばかりは「経験者の言葉は重い」などと共感の声が広がっている。

  • 和田アキ子さんは30代の時に子宮がんを患った
    和田アキ子さんは30代の時に子宮がんを患った

子宮摘出時は「発狂寸前まで泣いた」

   2016年6月11日放送のラジオ番組「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」に出演した和田さんは、海老蔵さんが行った9日の会見の話題を取り上げ「びっくりしましたねー...」と切り出した。

   最近では、女優の南果歩さん(52)が初期の乳がんを患い、3月に手術を受けたことを公表。元プロレスラーでタレントの北斗晶さん(48)も15年9月、乳がんのため右乳房全摘出手術を受けたことを明らかにするなど、相次ぐ芸能人の乳がん公表が注目を集めている。

   和田さんは2人の例を挙げながら「私も30代の時、結婚して2か月で子宮がんを患った」と自身の経験を振り返った。医師からは子宮の全摘出を勧められ、

「私は私で『子どもが産めない』とか『女でなくなるから』とかって、ちょっともう発狂寸前まで泣きました」

と、当時の辛い胸の内を思い返した。ただ、その甲斐あって「結果、今、元気です」とのこと。

   麻央さんについては、乳がんが見つかってから1年8か月が経過していることに触れて「がんによって違いますけど、思った以上に重いんじゃないかと...」と現在の容態を心配しながら、「元気になってほしい」と願った。

   子宮がんと乳がんという違いはあるが、女性特有のがん経験者として、特に思うところがあったようだ(男性乳がんの症例数は乳がん全体の1%未満)。

   また、女性が恥ずかしさなどを理由に乳がんや子宮がんの検診を嫌がる傾向にあることも指摘し、「早期発見だったら、なんでも治るんだから。絶対に調べてもらったほうがいい」と訴えた。

「経験者の言葉は重い」「横暴三昧のマスコミを何とかして」

   和田さんといえば、冠番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)等での発言内容がインターネット上で批判を呼ぶこともしばしばだ。

   過去には、歌手の宇多田ヒカルさん(33)の出産発表を「新曲のプロモーションでは?」と勘ぐったり、歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(44)から携帯電話の変更連絡が届かなかったことに「もう電話しない」とへそを曲げたり...と、「失言」としてバッシングされた例を挙げればきりがない。

   2015年には、川島なお美さん(享年54)の訃報を取り上げながら、お悔やみの言葉を一言も口にしなかったことでも疑問の声が相次いだ。

   ただ、今回のラジオ発言には、ネット上でも「珍しく」称賛の声が上がった。

「アッコさんええ事言うわ!」
「アッコさんの言葉が染みますね。経験者の言葉は重い」
「今はバラエティ番組で『和田アキ男』とか言われていじられて、それで笑ってるけど、彼女は昔あの辛い経験を乗り越えてきてるんだよね」

   中には「アッコさんの力で、横暴三昧のマスコミを何とかして」と、海老蔵さんの会見前後に執拗な取材を行ったマスコミに対して声を上げるよう求める意見もあった。

   翌6月12日放送の「おまかせ!」では、同会見のニュースが「10代~60代男女200人に聞いた今週のニュースランキング」で1位に選ばれたが、和田さんからこれに関する言及はなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中