「参院選18歳選挙」で注目のYouTuber 35万人会員の「KAZUYA」って誰?

印刷

   選挙権年齢が18歳に下がったものの、その若者達は新聞を読まないばかりかテレビもほとんど見ない。言論人の名前も殆ど知らない――ではどうやって日本の政治を知っているかと言うと、あるYouTuberがアップした動画からなのだ、という対談記事が注目を集めている。

   そのYouTuberとは誰なのかというと「KAZUYA」こと京本和也さん(28)。毎日21時にユーチューブとニコニコ動画の「KAZUYA Channel」に2~3分の時事ネタをアップしている。登録者はユーチューブだけで35万人。1本あたり20万閲覧を超える動画もある。

  • 毎日午後9時に動画をアップ(写真はユーチューブ「KAZUYA Channel」のスクリーンショット)
    毎日午後9時に動画をアップ(写真はユーチューブ「KAZUYA Channel」のスクリーンショット)

説明と自分の意見を、ネットスラングやギャグを交えながら伝える

   ポータルサイト「エキサイト」では現在、ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんの、YouTuberの人気を分析するシリーズが掲載されている。2016年6月27日にアップしたのは、「TVも新聞も見ない若者はYouTuber『KAZUYA』で政治を知る!」というタイトルの対談だった。

   その中で飯田さんは、『はじめて投票するあなたへ、どうしても伝えておきたいことがあります。』という本の巻末に収録されている「新しく選挙権を得た18歳・19歳座談会」の構成を担当し、3人の若者に来てもらったエピソードを紹介。若者の構成は与党と野党の区別もあやしいくらいのノンポリ、「民青(左翼)」(本文ママ)、「KAZUYA CHANNEL」をかなり観ているという人物で、本に起稿してくれた田原総一朗、遠藤ミチロウ、香山リカといった20人以上もの錚々たる言論人の中で誰を知っているか、と質問したところ、3人とも茂木健一郎といとうせいこうをかろうじて知っている程度で「あとは誰も知らない」。しかし、KAZUYAさんだけは全員知っていた、という。さらに、いちファンとしての視聴ではなく、KAZUYAさんの考えと自分は合わない所がある、だったり、動画のコメント欄には賛否両論が書き込まれているため「勉強になる」という答えが返ってきたそうだ。

   KAZUYAさんは1988年3月2日生まれで北海道帯広市在住。友人の結婚式用の動画を制作したことがきっかけで自ら制作した動画に出演しネット上にアップするようになった。ユーチューブにチャンネルを開設したのは12年3月22日から。はじめは自分の興味のある幅広い時事ネタを出していたが、政治ネタがウケる事に気付き、国内の政治や中国、韓国関連の動画をメインにしたことで爆発的にファンを増やした。

   動画のスタイルとしては自分の上半身を映し、出来事の説明と自分の意見を、ネットスラングやギャグを交えながら、プロのアナウンサーさながらの流暢な語り口で進めていく。他のYouTuberのように派手なアクションは一切ない。

政党を褒めた後、付けたオチとは

   例えば16年6月22日に公開した約3分の「Twitterで民進党が税金を使って『#3分の2』をプロモーションで炎上」という動画はこんな内容だった。

   ツイッターの「まず、(与党に)3分の2をとらせないこと」というつぶやきに対し、消極的な姿勢であり、選挙戦が始まって真っ先に訴えるのが政策ではなくて「妨害」だった、と噛み付いた。日本共産党の方が面白いプロモーションをしていて、候補者をトレーディングカード風にしてアピールしている、と褒めた後に、

「しかし共産党がカードって、レッドカードじゃないですか。残念、退場ですね」

とオチを付けた。

   もっとも、人気だからといって順風満帆とは言えないようだ。15年7月10日付けのブログで、「YouTubeに圧力が来てしまったようです」と書き、広告が止められたことを打ち明けた。YouTuberにとって広告収入がないのは死活問題で、広告を止められ廃業する人も出た。理由は分からない、としながら、広告が止められる傾向としては韓国の話題が多い、とも書いている。

   実際、韓国でKAZUYAさんは非常に厳しい評価を受けているらしい。韓国紙大手、中央日報日本語電子版の記事(14年10月30日付)では「有名右翼ブロガー」「代表的なネットライト」などと批判的に紹介された。ここでいう「ネットライト」とは、規模は小さいがインターネット空間を通じて団結し、攻撃的な性向を見せる者、を指しているという。

   それでも、日本ユーザーの間での評価は高く、ネット上では、先のエキサイトに掲載された対談に対し、

「KAZUYAは教科書にするべき。全てが事実だ」
「カズヤ好きなわけじゃないけど、記事にあることは一理あると思う。(略)他の政治動画は棒読みとか文字スライドが多いからな」

と好意的な声が寄せられている。

   勿論、国内でも批判的な意見もあり、

「俺ネトウヨだけどこいつはマジで嫌い。ニュース読み上げて2chの反応言うだけの(略)ユーチューバーやん」
「中身のない事垂れ流して、あわよくば扇動しようってスタンスのテレビより全然マトモだからな。Youtuberのほうがマシってどういうことなんだ?テレビのコメンテーターってのはどうなってんだ?」

といった内容が掲示板に出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中