大阪のフグ調理資格が「緩い」と話題 なぜ東京とココまで異なるのか

印刷

   皮に毒があるフグが大阪市北区のスーパーで売られていた問題で、大阪でフグの調理資格を与える基準が緩いのではないかとネット上で話題になっている。

   マフグの別名「ナメラフグ」と書かれたパック内には、黒っぽく膨らんだ北海道産のフグが丸ごと詰められていて...。

  • フグの調理めぐり東西で違いが
    フグの調理めぐり東西で違いが

処理場ないまま、皮に毒があるマフグを入荷

   この画像は、ツイッターで2016年6月28日に投稿されたものだ。パック詰めは、1匹ずつ計2匹分あり、小さい方が5800円、大きい方が9800円の値が付いていた。

   パック詰めのフグは、激安のキャッチフレーズで知られる「スーパー玉出」の天神橋店で売られていた。本部の広報担当者などによると、2匹分は10時間ぐらい陳列された後、店の従業員が気づいて売り場から撤去した。買った人はだれもおらず、被害はなかった。

   大阪市の生活衛生課によると、毒抜き処理済みのフグを販売する場合も、大阪府のフグ取扱登録者の資格者がいなければならず、市の販売許可も取っている必要がある。この店では、資格者がおり、許可も取っていた。

   一方、フグを処理するには、処理場を設置しなければならず、別に市の許可も必要になる。ところが、スーパー玉出では、こうした手続きを行っておらず、資格者がマフグを入荷し、皮を剥いで販売する予定だったという。

   皮があるまま販売した理由については、パートが皮に毒のないトラフグと勘違いしてパックに詰めて陳列したためだったと説明している。なお、毒のある肝臓や卵巣は入荷時には除去されていたとしている。

東京都では、より厳しい免許制を取るが...

   大阪府のフグ取扱登録者資格を得るには、計6時間の学科と実技を教える講習会に参加すればよい。実務経験や調理師免許もいらないことになっている。これに対し、東京都では、資格より厳しいフグ調理師の免許制を取っている。実務経験2年以上で、調理師免許があることが条件で、学科と実技の試験もパスしなければならない。

   大阪で資格者が約10万人いるのに対し、東京では免許取得者は約2万人だ。

   今回の問題にどこまで関係しているかは分からないが、ネット上では、「東京とかに比べると大阪の資格基準がゆるい」などと驚く声が出ている。

   大阪府の食の安全推進課では、講習会受講という資格基準に留めていることについて、次のように説明する。

「フグ料理の文化は、歴史的には大阪の方が古く、消費量が多くてもこれまでに大きな事故がなく来ています。今のところは、敢えて資格取得を難しくする必要性は感じていません」

   なお、大阪市では6月29日に天神橋店を立ち入り調査し、翌30日になって、マフグの処理場を設置せず、市の許可なく販売した大阪府フグ条例違反だとして、この日から2日間の営業停止とする行政処分を行った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中