「革命記念日狙うなんて卑劣すぎる」 仏ニース・テロ80人死亡、日本でも衝撃

印刷

   フランス南東部の都市ニースで2016年7月14日22時30分(日本時間15日5時30分)ごろ、革命記念日の祭りでにぎわう見物客の中にトラックが突っ込み、少なくとも80人が死亡、100人以上が負傷した。検察当局はテロ事件とみて捜査を始めている。日本人の死傷者は、日本時間15日12時の時点で確認されていない。

   フランスでは15年11月にパリで同時多発テロが起き、130人以上の死者が出たばかりで、当局は非常事態宣言を発して警戒を続けていた。1年足らずで再びテロ事件が起きたことで、日本のSNS上でも憶測と動揺が広がっている。

  • フランス大使館はツイッターでニースのテロ事件に関する情報を発信している
    フランス大使館はツイッターでニースのテロ事件に関する情報を発信している

大型トラックが2キロ暴走し、運転手は射殺

   7月14日は1789年のバスティーユ牢獄襲撃によるフランス革命勃発の日で、同国では革命記念日として毎年祭りが開催される。2016年も大勢の人が集まっていた。日本でも「パリ祭」として知られており、毎年、日本からも多くの観光客がニースを訪れる。

   現地メディアによると、2キロに渡って大型トラックが見物客の中を暴走。多くの死傷者を出した。仏インターネット報道チャンネル「France 24」が公開した事件発生当時の現場の映像には、数百人ほどとみられる客らが走って逃げ惑う様子が映された。中には、乳児を抱えたり、ベビーカーを押したりする人もいた。

   警察はトラックの運転手と銃撃戦になり、運転手を射殺。現地メディアが掲載したトラックの写真を見ると、車体前面がひしゃげ、窓ガラスには数十の銃痕が確認できる。また、トラックの中から複数の銃や手りゅう弾が発見されたと報じられている。日本時間の15日13時現在、犯行声明などは出ていない。

   フランスでは7月10日まで、4年に一度のサッカー欧州選手権「EURO(ユーロ)2016」が開催されており、非常事態宣言を発して以降、同国では最大の山場だとみられていた。そのユーロを無事に終えた直後の事件とあって、「警備が若干緩んだ状況を突かれたのではないか」という見方も出ている。また、同国では7月24日まで、自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」も開催されている。

在日フランス大使館「信憑性にかける噂を広めないよう...」

   事件を受け、安倍晋三首相はモンゴルのウランバートルで開かれているアジア欧州首脳会議(ASEM)に出席中で、15日午前の演説の中で「日本はフランス国民とともにある。事件がテロによるものだとすれば、決して許されない」と強く非難。日本人7人が巻き込まれて死亡した1日のバングラデシュのテロを踏まえ、「テロと対峙する明確なメッセージを出すことが重要」と述べた。

   在日フランス大使館では14日夜、パリ祭記念行事が行われ、石原伸晃経済再生担当大臣や、宇宙飛行士の若田光一さんが列席。その模様を大使館公式ツイッターで報告したばかりだったが、事件直後の15日8時40分すぎ(日本時間)には、

「フランス外務・国際開発省では電話緊急相談所を設置しました。緊急の問い合わせは+33-(0)1-43-17-56-46」
「フランス政府は『緊急の時こそ信憑性にかける噂を広めない』よう、公式アカウンなど出所がわかる信頼できる情報を伝達するように呼びかけています」(原文ママ)

と立て続けに発信している。

   元自衛官1等陸佐で参議院議員の佐藤正久氏はツイッターで「未だ、邦人の被害は報告されていないが、無事を祈る。今回も卑劣なソフトターゲット狙い」と事件について言及。一般のユーザーも「とても穏やかでよい街だったので、ショックです」「凄い大惨事 怖いね...」「革命記念日狙うなんて卑劣すぎる」と心配や非難のツイートを発している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中