アナログレコードが若者にも人気 ネット時代の新しい「ハマるツボ」

印刷

   アナログレコードの人気が再燃している。かつてレコードに親しんできた50代以上の中高年者が青春時代を懐かしんだり、若者世代がアナログならではの音の広がりなどを自分たちなりに楽しんだりしているためのようだ。アナログ人気は、カメラなど他の製品にも波及しつつある。

   家電業界でこの春、ちょっとした「事件」が話題になった。パナソニックが国内で高級レコードプレーヤーの予約受け付けを始めたところ、用意した300台が僅か30分で完売してしまったのだ。この製品は、高級オーディオブランド「テクニクス」名義の「ダイレクトドライブターンテーブルシステム・SL-1200GAE」で、価格は35万円もする。インターネットの音楽配信サービスが急速に普及する中、2010年に生産を停止していたものだ。その復活は、忘れられかけていた需要を業界に知らしめた。

  • アナログ製品の人気が再燃している(画像はイメージ)
    アナログ製品の人気が再燃している(画像はイメージ)

レコードならではの「所有感」

   他方、プレーヤーには欠かせない、交換用のレコード針の需要も急増している。レコード針のメーカーは現在、国内で数社しか残っていないとされるが、このうち日本精機宝石工業(兵庫県新温泉町)は、2015年の生産量が前年比65%増にも急増し、従業員をフル稼働して対応しているという。

   音楽は今や、スマートフォンなどからネット経由で手軽にダウンロードして聴くのが一般的だ。わざわざレコードを買い、プレーヤーで楽しもうとするのはなぜだろう。音楽機器業界の関係者は、中高年層のノスタルジーだけでなく、「スマホの普及などで、音楽を身近に楽しむ人が増える中、温かさや音の深さなど、デジタルとはひと味違う良さを再認識する人が増えてきたのではないか」と見る。ネット経由の音楽の広がりが、レコードを駆逐するのではなく、その価値を改めて見いだすきっかけを作ったというわけだ。

   若者独特の傾向を指摘する声もある。別の関係者は、レコードならではの「所有感」のようなものが若者に受け入れられているのではないか、と分析する。「デジタルは簡単にコピーされてしまうが、レコードは自分だけの存在、自分だけで所有しているモノ、という感覚が持てる。自分は他の人とは違う、という独自性や満足感みたいなものが味わえる部分もあるのではないか」というわけだ。

レンズ付きフィルム「写ルンです」も人気

   カメラでも、スマホやデジタルカメラが席巻する中で、レンズ付きフィルム「写ルンです」が、フィルム独特の風合いから、ここ1、2年、再評価されているのは、J-CASTニュースでも先日報じた(「『写ルンです』で撮影しネットに投稿 若者はなぜ、わざわざそんなコトを?」2016年6月26日配信)とおりだ。

   レコード、フィルムカメラと続いたアナログ製品人気は、次はどんなジャンルに広がるのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中