「アニメ侮辱」問題で日本文学振興会が謝罪 「浅慮を反省する」

印刷

   新聞広告がアニメを侮辱しているのではと指摘された問題で、芥川賞や直木賞を運営する日本文学振興会は2016年8月8日までに、ホームページ上で謝罪文を掲載した。

   振興会では、7月20日付新聞各紙に載せた広告で、「どうやって人生を想像するのだ(アニメか?)」との言葉を載せ、アニメファンらから顰蹙も買っていた。これに対し、ホームページ上では、4日に公開した文書で「指摘を真摯に受け止めて、浅慮を反省する次第です」とコメントした。そして、「アニメは文学に勝るとも劣らない表現手段であり、多大な影響力をもつ芸術であると認識しております」と釈明した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中