高畑淳子、ゲストなのに「発言」完全カット 「メレンゲの気持ち」バッサリ編集が「なんか怖い」

印刷

   長男が逮捕され何かと話題の女優、高畑淳子さんが「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)にゲスト出演した。

   しかし、時折は画面に映るものの発言シーンはなく、司会者らとの絡みの場面もなかった。ネットでは「編集の妙なのか、まるで空気のよう...」「存在してないみたい。なんかこわいな」などと話題になっている。

  • ゲストにも関わらずバッサリ編集で波紋(写真は2016年8月26日撮影)
    ゲストにも関わらずバッサリ編集で波紋(写真は2016年8月26日撮影)

当初予定では「高畑淳子 息子への不満」

   高畑さんが出演したトークバラエティ「メレンゲの気持ち」が放送されたのは、2016年9月3日昼。

   番組が始まると、司会の久本雅美さんが「ゲストのみなさん」を呼び込んだ。高畑さんは、俳優の八名信夫さんの右腕を引っ張るようにして先頭で入場、他にSexy Zoneの中島健人さん、お笑い芸人の小籔千豊さんが続いた。

   テロップには「高畑淳子」と出たが、久本さんがゲストをひとりひとり紹介する場面では、高畑さんの名前は呼ばれず、「紹介」されることもなかった。

   その後は、出演者らが椅子に座ってトークする場面に移った。高畑さん以外の八名さんら3人のゲストについてはそれぞれ、自身の話題について、たっぷりと参考映像も交えながら紹介された。高畑さんは、と言えば、「引き」の映像で、出演者全員が映ったり、話をしているゲストの隣にいたりする場面では、ちらっと映るが、高畑さんの発言が映る場面は確認できなかった。わずかに、相槌を打つ「アー、アー」という高畑さんの声らしき音声が、時折入っていた程度だ。高畑さん自身が話題の中心となるコーナーもなかった。

   番組はその後、石塚英彦さんのグルメレポートへ移り、そのまま終了。結局、高畑さんが話す場面はないままだった。

   3日付朝刊の新聞各紙の番組欄や、日本テレビ・サイトの番組欄をみると、「メレンゲの気持ち」の紹介には、高畑さんの名前はない。一方、テレビの番組予定雑誌『月刊テレビナビ』(産経新聞出版、<8月27日~9月30日>10月号)によると、9月3日放送予定の「メレンゲの気持ち」では、「高畑淳子 息子への不満」と書かれていた。ページ脇には「番組表は放送局の都合により変更されることがあります」との記載もあった。

「まるで空気のよう」「なんかこわいな」

   「高畑淳子さん完全無視」の形となった9月3日の「メレンゲの気持ち」に違和感を持った視聴者は少なからずいたようで、ツイッターなどには多くのコメントが投稿された。

「メレンゲの気持ちに高畑淳子出とるね・・・編集の妙なのか、まるで空気のよう・・・」
「メレンゲ、高畑淳子さんの声さえもカットするなんて... ひどすぎる...(T_T) 高畑淳子さんめっちゃおもしろいのになぁ」
「今日のメレンゲ高畑淳子さん出てるけど存在してないみたい。なんかこわいな」

といった具合だ。

   中には、長男の高畑裕太容疑者が8月23日に逮捕されたための対応だと考えるツイッターユーザーもおり、

「メレンゲ高畑淳子がいることに放送始まって50分気づかなかった... 別に高畑淳子自身は何もしてないのにすごい扱いだな」
「メレンゲの気持ちに高畑淳子でてるのに全部カットとか最低かよ、、、この人何もしてないのに」

という感想もあった。なお、9月3日放送回の収録日は特に公表されていない。

   高畑淳子さんは、2007年春から09年春まで「メレンゲの気持ち」の司会を久本さんと一緒に務めていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中