小林麻央「どうか、私の癌を小さくして下さい」 抗がん剤治療への思い、率直に

印刷

   乳がんで闘病中のフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が2016年9月29日、初めて抗がん剤治療された時の思い出をブログで明かした。

   母に「抗がん剤とお友達になるのよ」と言われたため、「私なりに解釈して、薬に向かって話しかけることにしました」という前向きな姿勢で取り組んだという。

  • 抗がん剤治療への思いとは
    抗がん剤治療への思いとは

「苦しいのは私一人ではないんだ」

「初めまして。どうか、私の癌を小さくして下さい。私はあなたに期待しています」

   16年9月29日付のブログによると、小林さんは初の抗がん剤投与でそう口にした。その場にいた看護師も「麻央さんの身体からどうか癌を消してください」と願ってくれて、

「この薬にも治験があって、たくさんの人の涙や苦しみ、悔しさ、喜び、勇気、努力があったから、私はこの薬を今、こうして投与できるのだと思うと、本当に一人で闘うのではないなと思えました」

という。繰り返し投与されると逃げたくなる時もあり、逃げる方法はないか真剣に考えたそうだが、「私と同じ薬を投与して、ご飯が食べられなくなってしまった患者さん」について聞かされて

「苦しいのは私一人ではないんだ。また、そう思えたら、がんばろう!と、力が湧きました」

として、

「どうか、ご飯が少しでも食べられますように」

と祈ったと、ブログには書かれている。

ファンのコメントに「救われます」

   小林さんは以前のブログでも、抗がん剤治療のつらさを洩らしていた。

   抗がん剤タキソールを投与し続けた副作用で、指先に強いしびれを感じるようになったと、15日付のブログ「痺れとビー玉」で明かした。そんな時は温めた湯に入れたビー玉で「コロコロマッサージ」を行い、一時的に痛みを和らげた、としている。

   21日付の「妊娠や出産について」には、抗がん剤治療による排卵機能の停止の恐れを医師に告げられたと書いた。「20代、30代であれば、機能は戻る可能性が充分あるが、希望があれば卵子を凍結しておくこともできること、けれど、その時、排卵誘発剤を使用するので、乳癌を促進してしまう可能性もあること」を知り、3人目の子どもを産むかどうかは高望みだと思うようになったという。

   連日更新される麻央さんのブログには、激励のコメントが毎回、多数寄せられており、麻央さんは29日のブログで、

「私は、たとえ会ったことのない人でも、一人ではないと思えるとき、とても救われます」

と書き込み、コメントへの感謝の気持ちで締めくくっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中