張本の「ハ」の字もない サンモニ「中大内紛発言」での謝罪文

印刷

   2017年箱根駅伝の出場を逃した中央大学をめぐり、野球評論家・張本勲さん(76)が報道番組「サンデーモーニング」(TBS系)で放った「内紛」発言が物議を醸している。

   出場を逃した背景に、同大の「内紛」があると指摘したこの発言。中央大法科大学院教授で陸上部の部長を務める野村修也さんが抗議したことで、TBS側が謝罪する事態に発展した。しかし、発表された謝罪文に発言者である張本さんの名前はなく、ネットで「それでは意味ない」「本人から説明すべき」と疑問の声が相次いでいる。

  • 次回「サンモニ」での発言に注目集まる
    次回「サンモニ」での発言に注目集まる

野村修也部長が訂正と謝罪を要求

   TBSは16年10月20日、「サンデーモーニング」の公式サイトで「スタジオトークの中で『内紛があるそうだから』との発言があり、中央大学から事実と異なるという指摘を受けました、この表現により誤解を招きましたことを、視聴者および選手をはじめとする関係者の方々にお詫び申し上げます」との謝罪文を発表した。

   「内紛があるそうだから」発言は、10月16日朝の同番組で飛び出した。名物コーナー「週刊・御意見番」で、15日に行われた第93回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会で中大が88回連続91度目の出場を逃したことを取り上げた際、コメンテーターの張本さんが「(中大には)内紛があるそうだから」と指摘した。

   この生放送中、野村さんはツイッターで「張本氏が、箱根駅伝予選会で敗れた我々中央大学陸上部について『内紛がある』と発言。まるでそれが敗因のように伝えましたが、全くの事実無根です。精一杯頑張った選手と大学の名誉を著しく傷つけるもので到底看過できません。訂正と謝罪を強く求めます」と「内紛」発言に強く反発していた。TBSの対応はこれを受けてのものだったとみられる。

次回生放送での張本さんに注目が...

   しかし、謝罪文の経緯説明では「スタジオトークの中で『内紛があるそうだから』との発言があり」と、発言者である張本さんの名前を伏せている。

   TBSの謝罪後も、張本さんについての言及がないことに対して、ツイッターでは

「それでは意味がないのでは?」
「なぜ本人に謝罪させないのだろうか」
「普通に考えれば、直接本人から説明すべき」

と疑問の声がやまない。

   一方の野村さん自身は16年10月20日、「コメントを発表して下さった番組の誠実なご対応に感謝申し上げます」とツイートして矛を収めた格好だが、ネット上では一般からの張本さんへの批判はなおも増え続けている。

   張本さんは同番組の10月23日放送回に出演が予定されており、番組内での発言が注目されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中