セブンのサラダ「カマキリの足」混入か 「ガリッとした食感」

印刷

   セブン-イレブンのサラダに「カマキリの前足」のような異物が混入している、といったツイッターでの報告が話題を集めている。写真を見る限り、異物は緑色で棘のようなものが多く生えており、昆虫の足と似ている。

   投稿者はJ-CASTニュースの取材に対し、「頭が真っ白になった」と当時を振り返った。

  • サラダに入っていた異物(ミントおばさん@えんぷてぃさん提供)
    サラダに入っていた異物(ミントおばさん@えんぷてぃさん提供)
  • サラダから出てきた異物(ミントおばさん@えんぷてぃさん提供)
    サラダから出てきた異物(ミントおばさん@えんぷてぃさん提供)

「仕事を早退することも考えた」

   ツイートされたのは、2016年11月8日14時ごろ。投稿者によると、セブン-イレブンで購入したサラダを食べていたところ、「カマキリの足みたいな」異物が出てきたという。

   あわせて投稿された写真には、多くの棘が生えた緑色の、昆虫の足に近い異物が写っている。

   写真のインパクトもあったのか、ツイートは素早く拡散された。寄せられた返信の中には

「完全にカマキリ」

など、異物がカマキリの鎌(前足)であることを指摘するものが多い。9日夕、J-CASTニュースの取材に応じた投稿者は、

「職場の昼休みに食べた『チョレギサラダ』に入っていました」

と当時の状況を振り返る。投稿者は同日13時ごろ、東京都内の店舗で「チョレギサラダ」を購入し、職場で食べた。しかしその際、「ガリッとした食感」の異物が口に入ったため、ティッシュに吐き出した。

「最初は葉っぱかと思ったんです。その後、関節があって、開いたり閉じたりするのが分かりました。写真を見た友達から『カマキリの足じゃないか』と指摘されました」

   異物はこれ1つしか確認できなかったものの、

「食後、気分はすこぶる悪くなり、最悪、仕事を早退することも考えました」

と話す。すでにラベルに印字されていた製造工場へ連絡を済ませたという。

セブン-イレブン「異物混入の報告は把握」

   セブン-イレブン側への報告より投稿を優先させたことに対しては、

「いざ、自分が初めて異物混入を体験すると、頭が真っ白になりました。とにかく『友達にだけでも見てほしい』と思い、ツイッターに投稿しました。すると、思いのほかリツイートされ、まとめサイトさんにも取り上げられてしまいました」

とその経緯を明かした。

   一方、セブン-イレブンの広報担当者は11月9日、J-CASTニュースの取材に対し、

「異物混入の報告は把握しています」

と認めたうえで、「まだ商品の現物が確認できておらず、購入場所や日時は分かっていません」と語り、すでに保健所へは報告を済ませたという。

   セブン-イレブンに対して、このほかに同じような問い合わせは寄せられていないが、「異物混入」が報告された商品と同一工場、同一ライン、同一時間に製造されたパッケージは店頭から撤去したという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中