「国産ワイン」2年後になくなる 8割以上が輸入果汁で製造

印刷

   日本で製造されている「国産ワイン」の8割以上が、原料に輸入品のブドウ果汁を使っている――。こんな事実が、国税庁が2016年11月24日に発表した「国内製造ワインの概況」に関する調査結果で明らかになった。

   国税庁は15年10月に、国産ブドウ100%を使用したものを「日本ワイン」と定める新たな表示基準を定めていた。今回の調査はその決定を受けたもので、「国内でワインの製造状況を具体的に調べたのは初めて」(国税庁酒税課)という。

  • 国産ワインの82%が「非国産原料」を使っている
    国産ワインの82%が「非国産原料」を使っている

国産ブドウ100%使用だけを「日本ワイン」に

   調査は16年3月末時点でワインを製造する261業者が対象で、247業者から回答を得た。その結果によれば、国内で15年度に製造されたワインの総量は約10万900キロリットル。そのうち「日本ワイン」は約1万8600キロで、全体の18.4%にとどまった。

   残りの8万2300キロ(81.6%)は、海外から輸入した濃縮ブドウ果汁を原料として使用したものだ。実は、現状のルールではこうした輸入原料を使用したワインも、「国産」として販売することが可能になっている。

   現状のルールでは、国内で製造されたワインであれば何であっても「国産ワイン」という分類になるためだ。国税庁酒税課の担当者は11月25日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「『日本ワイン』などの新しい表示基準が適用されるのは、2018年の10月からです。現在は移行期間ですので、新しい表示基準を適用している業者もあれば、まだ対応がない業者もあるというのが現状です」

と話す。なお、表示基準を設定してから3年の移行期間を置いたのは、製造から販売までに「寝かせる」工程があるワインの特性に合わせたためだという。

   新しい表示基準の適用後は「国産ワイン」という表示はなくなり、全て「国内製造ワイン」という名称に変更される。

大手の製造業者には「影響が大きい」

   「日本ワイン」という新しい分類が定められたことを受け、国内のワイン業界にはどのような影響が出ているのだろうか。日本ワイナリー協会の事務局長は取材に対し、

「実は、国産原料を100%使用したワインを作っているのは、地方の中小ワイナリーが多いんです。どちらかといえば、大手の製造業者に与える影響の方が大きいと思います」

と話す。また、こうした明確なルールが決まったことで国産ブドウの需要は増加しており、それを受けて新たに栽培を始める農家も出ているという。

   なお、国税庁の今回の調査では、国内に流通しているワインの種類別の割合も算出している。それによると、全体の70.3%が輸入ワインで、国産ワインは29.7%。全体のうち、「日本ワイン」に該当するものは3.7%だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中