長井秀和、「宗教」ぶっちゃけ投稿連発 「幸福の科学」「創価学会」ネタに得意の毒舌

印刷

   女優・清水富美加さん(22)の宗教法人「幸福の科学」への出家宣言を機に、お笑い芸人・長井秀和さん(47)の宗教に関する投稿が再び注目を集めている。「間違いないっ!」の決めゼリフで2000年代前半にブレイクした長井さんだが、以前から学会員であることを公表しており、お笑いライブなどでは創価学会ネタをたびたび披露している。

   今回のFacebook投稿でも、幸福の科学にからめて、創価学会についても持ち前の毒舌でぶっちゃけ発言を連発している。

  • 「創価学会とメディア」についても言及(画像は長井さんのFacebook投稿のスクリーンショット)
    「創価学会とメディア」についても言及(画像は長井さんのFacebook投稿のスクリーンショット)

清水富美加に創価学会への改宗呼びかけ

   清水さんが出家を表明した翌日の2017年2月13日、長井さんはFacebook上に「清水富美加さん、創価学会に改宗したらどうですかね?伸び伸び、芸能活動と宗教活動を両立出来ると思いますよ」と投稿した。

   続けて池田大作名誉会長を「世界の池田・日蓮の再来とも言われる大指導者ですからね 。開けて行くと思いますよ」と説明。ただ、その「大指導者」の現在については「生きてるか死んでるか分からない」とし、大川隆法総裁が得意とする「霊言」経由で池田氏の言葉を聞くという提案も持ち出した。

   翌14日の投稿では再び清水さんの件に触れ、

「創価学会芸能人の方が幸福の科学より、沢山いますからね。各方面で充実してますね」「幸福の科学よりは受け入れ体制がしっかりしてます」

などとアピール。改めて「清水富美加さん、待ってます」と呼びかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中