サラリーマンの通勤時間「60分」は「貴重な自由時間」?

印刷

   ある調査結果によると、首都圏のサラリーマンの通勤時間の平均は60分で、「理想の通勤時間」34分を上回った。また通勤時間の「限界」の平均は1時間28分だったが、30代では「3時間」と答えた人も少なくなかったという。

「理想の通勤時間」 現状より長い時間を回答する人も

朝の通勤電車も下りだと空いているのだけれど
朝の通勤電車も下りだと空いているのだけれど

   不動産総合情報サービスのアットホームは2009年11月20日、「通勤」の実態に関する調査結果を発表した。回答者は、1都3県在住(東京・神奈川・埼玉・千葉)で、東京都に勤める20代から50代までの既婚(妻と同居)男性サラリーマン600名。

   これによると、おもな通勤手段(複数利用の場合はもっとも移動時間が長いもの)は、圧倒的に「電車」が多く、66.8%。現在の通勤時間(片道)の回答は、最短0分から最長2時間半までさまざま。平均通勤時間は60分ちょうどだった。

   一方「理想の通勤時間」の平均は34分で、現状の通勤時間に比べると短いが、回答の中には現状と理想が同じだったり、理想の方が長いものもあった。また「通勤時間の限界」の平均は1時間28分だったが、中には「3時間」という回答も見られ、特に30代に多かったという。この結果について調査元では、

「サラリーマンにとって“通勤時間”は“痛勤”ばかりではなく、一人で自由に使える貴重な時間かもしれない」

と分析している。今年、都心から郊外に居を移した40代の会社員も、「通勤時間が25分から1時間に延びたことで、電車の中での読書量が増えたし、寝不足のときには電車の中で眠れるようになった」と、意外なメリットを指摘している。

通勤時間、長いですか?
長すぎる
ちょうどよい
もっと長くても
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中