餃子の王将「スパルタ新人研修」やりすぎなのか

印刷

   「餃子の王将」で知られる外食チェーン、王将フードサービスの人材研修のスパルタぶりが話題になっている。きっかけは、2010年4月11日の日本テレビ「TheサンデーNEXT」。神奈川県の足柄山の施設で行われた新入社員研修の様子が放送された。

涙を流しながら絶叫スピーチ

   5日間の研修中、携帯電話は会社に預け、テレビ、新聞、酒、タバコも一切禁止。夜は11時に消灯、朝は6時半からランニングだ。2つの社訓とオリジナルの「王将体操」、あいさつなどの接客基本動作、3分間の「私の抱負」スピーチの全てで合格点をもらえないと、修了が認められない。

   学生気分の抜けない新人たちは、研修中に居眠りをしたり集合時間に遅刻したりするたびに、「なんだ、このザマは!」「変われ!」などと怒鳴られる。最初のうちは内心イヤイヤやっていた新人たちも次第に熱が入り、最終日のスピーチでは、

「弱い自分を脱却して、立派な自信を持った社会人になります!」
「1年後にチーフとなり、店長になって絶対に日本一の店にします!」

と汗だくで絶叫し、渡辺直人常務と抱き合って涙を流す。店舗に配属された新人は「あそこで甘えが捨てられた」と振り返った。社会人になりたての若者を短期間で最前線に送る方法として、かなりの効果が上がっているようだ。

   しかしネット上には、この番組を見た人たちから、

「やべえ社畜こわい・・・」
「およそ先進国の光景じゃねぇだろw」
「軍隊式が崇められてるのは日本独特」

など、拒否反応を示すコメントが多数書き込まれた。一方で、「これでブラックとか、お前らどんだけひ弱なんだよ」「常務さんいい人そうだな」「なぜ遅刻wゆとり相手じゃしようがない」など、研修の厳しさを擁護するコメントも見られた。

ムダ!な研修
ムダ!な研修
おすすめ平均
stars研修実施の現実的な問題をきっちり抑えた本
stars研修を実施する会社の担当者さんへ
stars耳がいたーい
stars研修担当者に読んで欲しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中