就活面接でドアノック 何回たたくのが正解?

2010/7/22 15:05

   就職活動において、何かと気になるのが「面接時のマナー」。あいさつや敬語の使い方、質問への切り返し方などについて、ネット上でさまざまな情報が交換されている。中でも、意見が分かれているのは「ノックの回数」だ。

ノック2回は「トイレ」を連想

   ふつうノックといえば、「トントン」と2回たたけばよさそうなもの。しかし「2回はダメ、3回にすべき」というアドバイスも少なくない。理由は、

「2回はトイレのノックを連想させ、下品なため」

だそうだ。一方、「ノックは4回」がベストという説も。「Yahoo!知恵袋」には、

「3回は親しい相手に対する回数であり、4回は初めて訪れる所や礼儀の必要な相手に対する回数です。単に4回ノックするのでなく、2回+2回する方が、日本人的に印象が良いらしいです」

   さて、本当のところはどうなのだろうか。英国留学の経験もあるマナー講師、ウィズの西出ひろ子氏によると、ノックは3回が無難だという。

「ヨーロッパでの常識では、2回はトイレ、3回以上はその他の部屋です。日本のビジネスマナーでは、オフィスや面接においては3回とされています」

   ツイッター上には、「人事の方から『今日面接した中で、正しく3回ノックしたのはあなただけだった』と言われた」というつぶやきも見られる。回数をいちいち数えている面接官も、実際にいるらしい。

   もっとも、中堅商社で採用を担当するAさんのように、気にしないという人も。

「普段のビジネスにおいて、ノックの回数が重視される場面はないですからね。面接時にだけ神経質になることは無意味ですし、それが採否を分けることはありえません。海外とのビジネスマナーとして必要ならば、入社して覚えればいいことです」

   念のため、秘書技能検定の事務局に確認すると、「ノックは何回なら○、何回なら×というような問題の出し方はしておりません」。

   とりあえず自分のノックは3回と決めておき、他人のノックは2回でも4回でも、いちいち目くじらを立てないというのが、無難な大人の対応ということになるだろうか。

女性アナウンサーが教える 好感度アップの66の法則
女性アナウンサーが教える 好感度アップの66の法則田中 未花

おすすめ平均
stars私の教科書です。
starsこういうマナー本を求めていました!
stars面白かったです。
starsお勧めできるマナー本です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本で最も住みやすい街に、800万円の一戸建て

    「東洋経済」が発表した「住みよさランキング」No.1の街で、白い一戸建てに住むのも夢じゃない… 続きを読む

PR 2014/8/1

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

スイーツ/ファッション/カルチャー/イベント 最強ガイド「原宿マニア」で一目瞭然

エリオポール、クロエ、バナーバレットなど売切れ必至のブランドセール!

誰も避けては通れない

挫折や失敗。人生につきものだけど、やっぱり動揺する。そんなときは、これだ!

ミニッツシンキング

新卒はもちろん既卒、第二新卒も応募可です。社員一同お待ちしております。

採用

ちょっと遅めの夏休み!南の方はまだまだ暑い、綺麗な海を横にツーリングです!

ピックアップ'
おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ