就活面接でドアノック 何回たたくのが正解?

印刷

   就職活動において、何かと気になるのが「面接時のマナー」。あいさつや敬語の使い方、質問への切り返し方などについて、ネット上でさまざまな情報が交換されている。中でも、意見が分かれているのは「ノックの回数」だ。

ノック2回は「トイレ」を連想

   ふつうノックといえば、「トントン」と2回たたけばよさそうなもの。しかし「2回はダメ、3回にすべき」というアドバイスも少なくない。理由は、

「2回はトイレのノックを連想させ、下品なため」

だそうだ。一方、「ノックは4回」がベストという説も。「Yahoo!知恵袋」には、

「3回は親しい相手に対する回数であり、4回は初めて訪れる所や礼儀の必要な相手に対する回数です。単に4回ノックするのでなく、2回+2回する方が、日本人的に印象が良いらしいです」

   さて、本当のところはどうなのだろうか。英国留学の経験もあるマナー講師、ウィズの西出ひろ子氏によると、ノックは3回が無難だという。

「ヨーロッパでの常識では、2回はトイレ、3回以上はその他の部屋です。日本のビジネスマナーでは、オフィスや面接においては3回とされています」

   ツイッター上には、「人事の方から『今日面接した中で、正しく3回ノックしたのはあなただけだった』と言われた」というつぶやきも見られる。回数をいちいち数えている面接官も、実際にいるらしい。

   もっとも、中堅商社で採用を担当するAさんのように、気にしないという人も。

「普段のビジネスにおいて、ノックの回数が重視される場面はないですからね。面接時にだけ神経質になることは無意味ですし、それが採否を分けることはありえません。海外とのビジネスマナーとして必要ならば、入社して覚えればいいことです」

   念のため、秘書技能検定の事務局に確認すると、「ノックは何回なら○、何回なら×というような問題の出し方はしておりません」。

   とりあえず自分のノックは3回と決めておき、他人のノックは2回でも4回でも、いちいち目くじらを立てないというのが、無難な大人の対応ということになるだろうか。

女性アナウンサーが教える 好感度アップの66の法則
女性アナウンサーが教える 好感度アップの66の法則田中 未花

おすすめ平均
stars私の教科書です。
starsこういうマナー本を求めていました!
stars面白かったです。
starsお勧めできるマナー本です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
インヴァスト証券

   2016年6月24日、外国為替証拠金(FX)取引に投資している個人投資家が沈黙した。英国は国民投票により欧州連合(EU)からの離脱を選択したことで、外国為替市場が大混乱に陥ったためだ。しかし自動売買(システムトレード)で国内口座数NO.1のインヴァスト証券に聞くと......続きを読む

PR 2016/7/19

結婚A

   長年に渡り支持される理由はどこにあるのか。「相談所で働くスタッフから見た婚活の舞台裏」を聞いた。続きを読む

PR 2016/7/07

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

【お仕事募集中】「カス丸仕事しろ!」

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中