「抜け毛の秋」を切り抜けろ! 夏の終わりに専門医が教える「3つのポイント」

印刷

   厳しい残暑に加え、仕事のストレスやお盆の家族サービスで夏バテ気味…というサラリーマン諸氏も多いかもしれない。そうした今の時期、夏バテ以上に深刻な可能性があるのが「頭髪へのダメージ」なのだという。

   そういえば、秋は「抜け毛の季節」と耳にすることがある。老化の入り口にある30代男性には他人事ではないが、噂は本当なのだろうか?

紫外線は毛母細胞や遺伝子を傷つける「夏の大敵」

脇坂クリニック大阪 ・脇坂長興院長(大阪 梅田)
脇坂クリニック大阪 ・脇坂長興院長(大阪 梅田)

   今の時期、頭髪は相当な悲鳴を上げている。その最大の原因は「紫外線」。人間の頭は紫外線に晒されやすく、夏の間に浴び続けてきた影響が頭皮や髪に出てくるという。外出が多い営業職などは、とくに注意が必要だ。

「紫外線が強くなるのが、5月中旬ごろから。頭皮と頭髪が受けたダメージは、2~3か月後まで影響が続きます。つまり、ちょうど晩夏~初秋の今頃。紫外線は肌をつき抜けて皮下組織にまで達し、髪の毛をつくる毛母細胞そのものや遺伝子を傷つけることがあるため、抜け毛や薄毛、白髪の進行につながる可能性があります」

   そう説明するのは、国内最大級の薄毛治療の臨床数・改善事例数を誇る脇坂クリニック大阪 ・脇坂長興院長(大阪 梅田)。季節の変わり目となる秋口は、夏の疲れが出たり、暑さによる皮脂の分泌で毛穴がつまりやすくなったりするので、頭皮や髪にとってはさらに負担が増すという。

   ただ、すべての人にとって「秋は抜け毛の季節」と言えるわけではない。この季節の抜け毛は「夏毛から冬毛へ生え変わる名残」という俗説があるが、「それは動物だけの話。人間の“毛が抜けやすい季節”は人によって異なるため、秋に抜け毛が多いとは一概には言えません」と脇坂院長は言う。つまり、しっかりケアすれば「秋の抜け毛」は防げるというわけだ。

   大正製薬が2012年に行った「男性の薄毛に関する調査」によると、薄毛対策をする人の中では「育毛剤・発毛剤」(29.8%)や「育毛・スカルプケアシャンプー」(28.7%)が人気のようだ。しかし脇坂院長は、それらの効果・効能を熟知したうえで次の3つのポイントさえ守れば、かなりのケアができるとアドバイスする。

   1つ目として、なるべく紫外線を浴びないことが大切だ。最近では男性用の日傘も見られるが、手軽なのは帽子をかぶることだろう。ただし頭皮のためを思うと、かぶりっぱなしにせず、たまに外してムレを防ぐ必要がある。風通しが良い麦わら帽子はオススメだ。

汗で汚れたからといってゴシゴシ洗うのは禁物

   2つ目は、夏のダメージを回復するために食事にも気を使いたい。とくに心がけたいのが亜鉛を中心としたミネラルの積極的な摂取だという。

「亜鉛が十分に足りていると髪は太くなり、伸びるスピードも速くなります。逆に不足すると、毛髪のもとになるケラチンというタンパク質の合成がうまくいかず、髪の生成を妨げてしまうのです。お酒を飲む人は体内でアルコールを分解するためにも亜鉛が使われるので、気を遣ってほしいですね」(脇坂院長)

   亜鉛はカキやレバーなどに多く含まれるが、吸収効率があまりよくない栄養素といわれているので、サプリメントなどを上手に利用するのもよい。

   3つ目は、シャンプーの仕方だ。汗で汚れたからと、ゴシゴシ洗うのは禁物。頭皮が傷つくと、髪にも影響があるという。脇坂院長は「男性はつい力強く洗いがちですが、指先ではなく指腹の部分を使い、毛穴の汚れを溶かし出すイメージでやさしく洗うとよい」という。上から押さえるように洗うと力が強く入ってしまうため、下から髪の根元を持ち上げるように洗うとよいそうだ。

   季節性の理由で抜けた髪は、大部分がまた生えてくるものの、もしも「抜けた髪が生える速度が遅くなった」「最近、髪の毛が細くなってきた」と感じるようなら、進行する薄毛である可能性もある。

「髪の毛が薄くなりはじめてからも、早いうちであれば治療によって改善の見込みがあります。しかし、進行しはじめてから10年以上経っていると、期待するほどの改善が難しいケースもみられます」(脇坂院長)

   思い当たるフシがある人は、専門医の受診を視野に入れつつ、しっかりと頭髪のケアをしたいものだ。

小林一広(こばやし・かずひろ)
医療法人社団 城西クリニック院長 NPO法人 F.M.L.理事
1962年生まれ。北里大学医学部卒業後、同大学病院にてメンタルヘルスケアを中心とする医療に従事。
身体疾患と精神面との関わりについて皮膚科、形成外科、薬学博士等の各専門家と一緒に研究を重ね、城西クリニック(東京:新宿)を開院。現在では、「髪の悩みの駆け込み寺」として月間5,900名が来院している。
また、精神科医として心身両面からの頭髪治療に力を注ぎ、国内では唯一、「頭髪」と「心」をケアする『リエゾン治療』を頭髪医療に導入し、「ミタメ」と「ココロ」両方からアプローチする独自の治療を展開。「髪の先」から「心の中」までケアをしている。
城西クリニック

脇坂長興(わきさか・ながおき)
医療法人 脇坂クリニック大阪院長 医学博士 日本形成外科学会専門医。NPO法人 F.M.L.理事
1962年生まれ。聖マリアンナ大学形成外科学講師を経て、2000年10月、関西で唯一の頭髪治療を専門とした脇坂ナカツクリニック(現 脇坂クリニック大阪 「大阪:梅田」)を開院。月に3,700名以上が来院し、その多くは20代~40代。新規相談者も毎月200名に上る。薄毛治療のパイオニアとして、西日本最大の臨床数・改善事例を誇る。治療法にこだわることなく、患者様が笑顔になれる治療を提供することが形成外科医の使命であると考え、日々患者に接している。
脇坂クリニック大阪
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中