「履歴書は手書きにすべきか」議論に終止符を打つ 結論とその理由は……

印刷

   履歴書を手書きにすべきかどうか。毎年、就活シーズンになるとウェブやらで、おなじ議論がくりかえされます。

   ここで、最終結論というべきものをちゃんと提案しておこうと思います。

(1)結論から言うと、履歴書は手書きしたほうが若干有利です。
(2)ただ、このコラムを読んでいるあなたには、手書きをしないように勧めます。

「両者に全く差はない」が7割近く

手書きにする?パソコンにする?
手書きにする?パソコンにする?

   矛盾してるって?

   まあ、ちょっと聞いてください。まずは事実のところから。

   ライフネット生命が2012年に行った「新卒採用を実施する組織の採用関係者対象のモバイルリサーチ」で、「手書きで作成した履歴書での応募とパソコンで作成した履歴書」について、有利不利を調査しています。

   その結果は、

「両者に全く差はない」が68.3%
「手書きで作成した履歴書での応募が有利」28.7%、
「パソコンで作成した履歴書での応募が有利」3.0%

となっていました。

   つまり、7割はどうでもいいと答えている一方で、3割近くが手書きの履歴書のほうが有利だと答えているのです。

   だから、手書きしたほうがいいんじゃないか?

と結論するのは、単純すぎるでしょう。なぜなら入社して働くのはあなたです。そこを忘れて有利不利を答えたら意味が無い。

   要するに「手書きの履歴書が好ましいと答える3割の会社にあなたが入社したいか?」 に尽きるとおもいます。

組織の合理性を問うリトマス紙

   そもそも手書きの履歴書が好ましいと考える理由は、とても曖昧なものばかり。

・人となりがわかる
・漢字が書けるか、丁寧な文字が書けるかが大事である
・手書きは心がこもっている
・応募に際しての熱意が判定できる

   どれも精神論です。

   人となりを知るなら、面接で話したほうがいいですし、漢字がかけるかテストしたいなら、別途漢字テストを受験させればいいでしょう。心がこもっているか、熱意があるか、というのなら、志望動機書を別途書かせたほうが的確に判定できるでしょう。

   事実、履歴書の文字からはなにもわからないので、普通は別途志望動機やら面接やらをします。なのに、手書き派は、あくまで手書きが大事だという。

   まあこのあたりは、お互い議論しても平行線をたどるので、議論しません。どうしても手書きの履歴書をみないと「安心できない」と考える人もいます。合理的な考えをいくらいったところで、まったく理解できないのですから。

   しかし、ここが最大のポイントです。履歴書は手書きが好ましいと考えるのは、非合理な組織かどうかの、とってもわかりやすいリトマス紙です。

   わたし個人的には、非合理な慣習や精神論をよしと持ち上げるような組織には就職したくありません。そういうところは容易に「ブラック」になり兼ねません。

   つまり、3割の「手描きが好ましい」と答えた企業は、重要なブラック企業シグナルを発してくれていると考えても良いでしょう。その上で、Wordで印刷した履歴書を提出すれば、そういうブラック企業は「不利」に扱ってくれるというのですから、これは逆のスクリーニング効果を発揮します。

   もちろん、精神的なことを大事にする企業にぜひ行きたいという学生もいるでしょう。そういう方は、ぜひその手書きが好ましい3割の企業をねらって、より丁寧な「筆書き」をしてみてはいかがでしょうか?血判状とかをつけるのも「熱意が伝わる」という意味で有効かもしれまんし。(大石哲之)

履歴書は、「手書き」派?パソコン派?
手書き派
パソコン派
どちらでもよい
履歴書に縁がない
その他
大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中