「自己愛」がないから人生が変わらない 「自己愛」にも技術が必要なのだ

印刷

   『本気で人生を変えたい人のための 自分を愛する技術』(加藤秀視、李白社・徳間書店)。著者は、「虐待、暴走族、裏社会を経て100億円企業を手がける」人材育成アーティスト。2014年6月10日、発売。1300円(税別)。李白社サイトによると、

「『人生を変える方法』などが書いているビジネス書が多いが、多くの人は変われない。その理由は『自己愛』がないからだ」
「不良少年など『変わりたくない人』すら変えてきた著者だから書ける人生を変えるために最低限必要な『自己愛』について書く」

   著者が説く「自分を愛する技術」「『変わりたくない人』を変える技術」とは?


   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『自分を愛する技術』
『自分を愛する技術』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中