プレゼン発表中にヤジを飛ばす人が見受けられます 議会以外ではやめましょう!?

印刷

   東京都議会の「セクハラやじ」騒動は、ヤジ発言を認めた男性都議が謝罪、会見をする展開となった。

   2014年6月23日の関連ニュースを受け、ツイッターでは「この件に限らずなんで政治家は下品な野次を飛ばすことが許されているのかわからん」「会社のプレゼンとかでこれをやったら処分ものだぜ」といったつぶやきもあった。

「ヤジは議場の華」?

   一連の「セクハラやじ」騒動は、発生以来注目を集めており、6月23日以前にも、

「一般企業で、プレゼンに野次を飛ばしたら、それは失礼なヤツなはず。これからは、プレゼン能力の高さを競う政治になるべき」
「そもそも会議中のプレゼンや質疑応答中に野次なんてありえないんだから、花だのなんだので許してるのがおかしいんだから全部禁止で良い派どす」
「会議とかプレゼンの場で野次飛ばしている人なんて見たことない」

といった意見がつぶやかれていた。批判の対象は、「セクハラやじ」というよりも、ヤジそのものへも向けられている。

   議会以外の場での「プレゼン中のヤジ」の実態は、どのようなものなのか。学校なども含め、ツイッターやグーグルグループには、

「グループプレゼンでは『どこのやーさんだよw』と野次を飛ばされ」
「プレゼンの発表中に、野次を飛ばす人がみうけられます。(略)一般常識の範囲で行動してください」

といった記載もあった。

   「ヤジは議場の華」という言葉を耳にするが、会社によっては「ヤジはプレゼンの華」といった気風のところもあるのだろうか。今後も調査を続ける予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中