幸福の黄色い空想 もし「高倉健さん」が上司だったら

印刷

   任侠映画や「幸福の黄色いハンカチ」などで知られる、俳優の高倉健さんが83歳で亡くなった。2014年11月10日に悪性リンパ腫のため死去した、と報道各社が一斉に報じた18日、会社のオフィスやネットでもその死を惜しむ声が寄せられた。

「会社の理想の上司役も・・・」

   ツイッターでは、「健さん」のことが大好きだった上司が報道をみて落ち込んでいる、といった報告が見られた。上司が、「あきらかにしょんぼりしている」「へこんでいる」そうで、中にはショックが強かったのか、会社を早退してよいか、と部下に相談した人もいたようだ。

   また訃報をうけ、Q&Aサイト「YAHOO!知恵袋」に、「一度は健さんに憧れましたか」と男性に問う質問が掲載された。回答には、「健さん」への熱い思い出とともに「夢のヒーローでした。できれば、会社の理想の上司役も演じてほしかった(私が知らないだけかもしれませんが)」といった声もみられた。

   「上司」といえば、高倉健さんはこれまでに、新入社員に「理想の上司」をたずねる各種調査で上位に名を連ねてきた。2000年代以降だけみても、「2001年度、産業能率大調べ」同率7位、「2004年度、共立総合研究所調べ」9位(男性からの回答)などが目につく。

   もし、今時の「新入社員」ではなく、「上司世代」に「理想の上司」を尋ねたら、先のツイッター反応などをみても、高倉健さんはかなりの上位に登場しただろう。ご冥福をお祈りいたします。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中