逆境力と希望力の鍛え方

印刷

   『なぜ、一流の人は不安でも強気でいられるのか?』(久世浩司、SB Creative)。2015年5月30日、出版。1300円(税別)。副題は「希望をつくる実践版『レジリエンス・トレーニング』」。著者は、ポジティブ サイコロジー スクール代表。著書に『親子で育てる折れない心』など。出版社サイトによると、

「変化が激しく 不安定、不確実な時代を生き抜くヒントは 『希望力』にあった!」
「(略)本書では、心の強い人が持っているこの3つの強み 『レジリエンス』(逆境に負けない力)、『ウェイパワー』(不安定な状況でも見通しを立てる力)、『ウィルパワー』(困難があっても最後までやり遂げる意志の力)の実践トレーニングを16の事例とともに紹介します」

   これらの力は「誰でも鍛えることができる」。その鍛え方とは。

 

   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『なぜ、一流の人は不安でも強気でいられるのか?』
『なぜ、一流の人は不安でも強気でいられるのか?』
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中