「冬場の身だしなみ」に要注意 「残念な女」にならないタメに

印刷

   最低気温が真冬なみになった先日、東北へ仕事で行きました。寒い!東京よりもはるかに寒い!あー、タイツ履きたいよー!マナー講師として登壇する際には、どんなに寒い日でもストッキングを履きます。受講者の方に、身だしなみの基本を理解していただけるよう、自ら講義内容に沿った髪型やメイク、服装をします。

   そうすると、1年中ベージュのストッキングになるのです。冬場は寒くてたまらないのですが、これも仕事と我慢ガマン。さて今回は、冬場の研修時に受講者の方から受ける「身だしなみに関するよくある質問」を紹介します。

本当はウサギさんなんだけど、タヌキさんに変身?

気になる「冬の足元」の身だしなみ
気になる「冬の足元」の身だしなみ

Q:タイツはどのくらいの厚さまで良いでしょうか?

A:一般的には80デニールまでの黒または茶色の無地がよいでしょう。ちなみにデニールとは、レッグウェアで使用する糸の太さを表す単位です。数値が上がるほど生地が厚くなり透け感がなくなります。

   さて話を戻して、80デニールだと屋内はもちろん、通勤時の寒さ対策にも対応できる厚さです。スーパーやコンビニ等で売られているタイツも40~80デニールが多いですね。これ以上の厚さになるとスッキリ感がなくなり、足が太く見えてしまうこともあります。柄タイツはオススメしていませんが、プライベートで履く場合は、柄が伸びていると足が太く見えます(例えば本当はウサギさんなんだけどタヌキさんに変身みたいな・・・)。

   次はカラータイツについてですが、こちらはオフィスワークではNG。もちろん業種によって異なりますが、カジュアルな印象になるので原則、避けた方がよいでしょう。またタイツの厚さに関係なく毛玉はアウト!毛玉がついているだけで残念な女に・・・。洗濯の際は、ネットに入れたり、タイツだけ別で洗ったりすると付きにくくなりますね。

Q:レギンスはいいですか?

A:ダメです。カジュアルのカテゴリーなのでNGの会社が多いです。レギンスに関しては、30代~40代の働く女子達からも意外と冷ややかに見られているようで、後輩女子の話になると確認されることもしばしば。

Q:ハイソックスはいいですか?

A:こちらもカジュアルのカテゴリーなのでNGですが、制服貸与の会社では、制服の一部として黒や紺ならOKと認めているところもあります。

   靴下専門店へ行くとバリエーション豊富で見ているだけで楽しくなりますが、オンオフ上手に使い分けて足元を飾りましょう。(篠原あかね)

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中