前厚労次官の村木厚子氏を「社外取締役」に 迎える商社が期待しているコト

印刷

   伊藤忠商事は、新たな社外取締役に村木厚子・前厚生労働事務次官(60)を充てる役員人事を、2016年1月21日に発表した。6月の株主総会後の取締役会を経て就任する。村木氏が15年10月の退官後に、企業の役員に就くのは初めて。

「女性の働くモデル」として期待

霞ヶ関の働き方改革にも一役
霞ヶ関の働き方改革にも一役

   村木氏は2009年に郵便不正事件で逮捕されたが、翌年に無罪を勝ち取り復職。13年に事務次官。子育て支援策に長く関わり、15年夏には国家公務員の夏の勤務時間を前倒しする「ゆう活」の旗振り役を務めた。

   朝型勤務などの働き方改革を進める伊藤忠商事は「労働政策の豊富な経験とともに、女性の働くモデルとしても期待している」と説明する。また、岡藤正広社長(66)の続投を決めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中