出産しなかった人たち、「いい捨て石に」 NHKアナ発言への反発と共感

印刷

   NHKの小野文惠アナウンサーの発言が波紋を呼んでいる。不妊治療を特集した番組内での、「出産しなかった私たちはいい捨て石になろう」という言葉だ。

   「捨て石」という言葉の響きに驚いた人も多く、「そんな言い方しないで...」と悲しむような声も上がっているが、一方で「決してネガティブな意味ではない」ととらえた人もいるようだ。

「世の中をよくすることに無念のエネルギーを注ぎたい」

「捨て石」って?
「捨て石」って?

   不妊治療の特集があったのは、「週刊 ニュース深読み」(2016年2月13日放送)でのことだ。

   体外受精の成功率は40歳で8.3%、45歳で0.8%にまで下がるという数字が紹介され、金銭的な負担も大きく、せめて保険を適用してほしいといった当事者のメッセージが読まれたのち、東京都の20代女性から寄せられたという、こんなメッセージを小野アナが読んだ。

「そこまでして子どもが欲しかったのなら、早めに結婚したらいいのにと思う。そこで税金が使われるのは無駄だと思う。生まれない子どもに税金を使わないで、生まれてくる子ども、赤ちゃんに税金を使ってほしい」

   さらに埼玉県の40代女性の「40代は子どもを産むなと言っているようなものですね。この世代の不妊治療をもっと手厚くしないと少子化は止まらないんじゃないですか」というメッセージを紹介した後、小野アナの考えが飛び出した。

「私も40代なので、20代の頃は高齢出産のニュースなんか見ると、50歳くらいまでに産めばいいのかなって思ってるうちに手遅れになりました。ちょっとでも希望があるならって希望をつなぐ人たちの気持ちはすごく、痛いほど共感できますし、そこに手を差し伸べないのって何か、何か・・・無念というか。20代、30代で、今もうちょっと仕事頑張らないとっていう時に産めるような社会でもなかったですよねっていう。甘えてるかもしれないですけど、でも・・・そんな状況じゃなかったんですけどっていう辛さをどこに振り向けたらいいのか・・・」

   そして「この世の中をどうしたらもっとよくなるのか、そこにこの無念のエネルギーを注ぎたい気持ちにもなってきました」と語気を強めた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中