男子が悩む「M字ハゲ」深刻 就活臨戦、カミも仏もないものか

印刷

   就活をスタートする上でもっとも大切な心がけの1つが「身だしなみ」だ。髪を明るく染めていた人は黒や濃い茶色に染め直し、多くの女子学生は「面接官うけメイク」を研究したり。では、「若ハゲ」はどうしたら......?

   自信喪失気味の就活生が頭を抱えているようだ。

  • 就活への影響を気にしちゃう
    就活への影響を気にしちゃう

「話のネタにできたらプラス」

   悩みが寄せられたのは「Yahoo!知恵袋」だ(2016年9月17日)。

   22歳、大学4年生の投稿者は「正直言って結構なM字の若ハゲ」。就活を始めるにあたって前髪を短く切ったところ、「まさか...と思うほど生え際のM字と薄さが目立つんです...」。

   「それ以来外に出るのも嫌になってまともに就活が出来ないどころか学校に行くのさえストレスになってしまっています」と相当思い詰めている様子の投稿者。

   「若ハゲで悩んでる方はどうやって就活を乗りきりましたか?」

と、アドバイスを求めている。

   回答者からは、

「髪の毛が薄い/濃いの判断基準は普通の企業には無いと思います。そのまま、清潔感を持って就活をして頂くことをお薦めします」
    「社会はハゲには寛容ですから、気にする必要は全く無いです、堂々としてればよいです。悩まなくていいとこで悩んじゃってるってことです」

と、数々のハゲ......いや励ましが。

   励ましどころか、「面接で有利に使える材料だぞ」とのアドバイスも。

「割り切ってネタに出来るくらいであれば、むしろ余計なプライドが無く神経も太いと思われるので、プラスだと思います。実際、そういうスタンスの営業マンは多いです」

問題は「髪の量」ではない

   「NEWSポストセブン」(2013年1月27日)では、人材コンサルタントの常見陽平氏が薄毛の人について、

「自信を持たず、委縮してしまう方を時々見ますが、こういった方は人相までも悪く見え、実にもったいない。『髪の量』だけでなく、『人格』全体を自ら否定している感があります」

と指摘。薄毛から来る自信のなさが、実力より低い評価につながる可能性もあると注意を促す

   そうは言っても気になる、何としても薄毛を改善したい! という人には、同記事で銀座HSクリニックの北嶋渉院長が、専門医にかかり脱毛を抑える薬や育毛剤の処方を受けるよう勧めている。頭をブラシで叩く、昆布を食べる、頭皮の脂を取るシャンプーを使うなどの対策では、残念ながら増毛までは望めないようだ。(MM)

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中