「認識ないが実感」とメーカー 「チープカシオ」人気に涼しい顔

印刷

   カシオ計算機が海外向けに販売している廉価版の腕時計が、日本の若者らの間で「チープカシオ」という愛称で呼ばれブームになっている。国内ではほぼ正規流通はしておらず、家電量販店などの小売店が独自のルートで「逆輸入」し、数百円から数千円程度の値段で販売。こうした「気軽な」価格設定に、国産メーカーならではの高い品質と「レトロ」なデザインが相まって、若者の心をつかんだ。

「広告や宣伝を一切していないのに」

メーカーも首をひねる人気ぶり
メーカーも首をひねる人気ぶり

   「チープカシオ」という愛称は、若者らの間で自然発生的に生まれたものだ。カシオの広報担当者も「どこまでがチープカシオにあたるのか、その定義はこちらでも把握しておりません」とJ-CASTニュースの取材に話す。その上で、

「『G-SHOCK』などのブランドを冠していない製品のうち一部のものが『チープカシオ』と呼ばれているようです」

と説明する。イメージとしては、「量販店などでケースごとフックにかけられ、『ジャラジャ』と陳列されている時計を想像してください」。

   画像共有サイト「インスタグラム」には、チープカシオの写真が2万枚以上投稿されているほか、商品を紹介・解説する専門サイトも複数みつかる。ツイッターなどにも、

「シンプルでコスパ最強 レトロ調のデザインがまた良い 垢抜けてんなぁ」
「かわいいかっこいい シンプルすぎて惚れる のに安い」
「チープカシオ欲しいから明日の午後ホームセンターとか探してまわろ」

など、チープカシオ愛を語る投稿が無数に出ている。

   ただ、こうした動きにも、カシオ側は「流行しているという認識はない」とつれない。

   実は、カシオの海外向けの廉価版時計は十数年前から安定的に売れているロングセラー商品。「ここ最近で、売上数が急増したということもありません」(広報担当者)。もちろん、注目を集めていることについて「実感」はしているそうで、

「広告や宣伝を一切していないのに、ここまで話題になるとは、正直に驚いています」

と話していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中