一杯100円ネスカフェどうぞ 阪急「駅ナカ」にスタンド出店

印刷

   ネスレ日本が阪急電鉄の駅構内に立ち飲み式カフェ「ネスカフェ スタンド」をオープンする。ドリンクは一律100円(税込)とし、2016年12月中に兵庫県・大阪府内の計5駅に出店する。

  • ネスレ日本が出店する「ネスカフェ スタンド」
    ネスレ日本が出店する「ネスカフェ スタンド」

1ドリンクに「キットカット」1つ

   イタリアの街角にあるバール(喫茶店のような飲食店)をモチーフにしたカフェスタンドで、1号店は12月2日、塚口駅(兵庫県尼崎市)の梅田・伊丹方面ホームに開業。5日には逆瀬川駅、岡町駅、総持寺駅、高槻市駅の4駅にもオープンする。

   メニューは、同社のコーヒーマシンで抽出したコーヒーやエスプレッソなどドリンク6種。1ドリンクにつきチョコレート菓子「キットカット」を1つ無料で提供する。一部店舗では新聞や菓子も販売する。

   一律税込100円の値付けについては、「駅という場所柄、気軽にご利用いただけるようワンコインに設定した」(広報担当者)。1杯分お得な回数券(6枚綴り500円)、2か月間で最大30杯飲める定期券(980円)も用意する。

   広報担当者によると、2017年6月末までに阪急沿線計20駅に展開する予定。本格的なコーヒーを飲みながら話がはずむような、地域の人々に愛される場を目指していく。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中