新世代の液晶ペンタブレット13.3型と15.6型

印刷

   ペンタブレットやスタイラスペンなどを手がけるワコム(埼玉県加須市)は、「新世代の」液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」を開発し、13.3型モデルを2016年12月下旬に、15.6型モデルを17年初めに、発売する。

  • ひらめきを直感的に、そして正確に描ける
    ひらめきを直感的に、そして正確に描ける

フルHDの13.3型、4Kの15.6型

   いずれも薄型軽量で持ち運びしやすく、場所を変えて自由に制作できる。画面いっぱいに描画できるフルフラットのタッチスクリーンを採用。反射防止を施した滑らかなガラス仕上げで、紙にペンで描くように自然な描き心地を実現。マルチタッチ機能に対応し、ピンチやズーム、ナビゲーション、イラスト・写真・3Dモデルなどの回転が可能だ。

   従来モデルの4倍(8192レベル)の筆圧感知と、ペンの追従性が大幅に向上したスタイラスペン「Wacom Pro Pen 2」により、ひらめきを直感的に、より正確に表現できるという。折り畳み式スタンドを内蔵する。

   頻繁に利用する機能のショートカットを登録できるオプション「ExpressKey Remote」対応。入力インターフェイスはUSB Type-CまたはMiniDisplayPort(Wacom Link経由)。対応OSはWindows 7 SP1~、Mac OS X 10.10~。

   13.3型「Cintiq Pro 13」はフルHD(1920×1080)液晶搭載、Adobe RGBカバー率87%の色再現性。15.6型「Cintiq Pro 16」は4K(3840×2160)液晶、Adobe RGBカバー率94%の色再現性。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中