南欧スペインの情熱を漂わせる、交響曲という名の協奏曲、ラロの「スペイン交響曲」

印刷

   先週は珍しいチューバという楽器をソリストにした協奏曲を取り上げましたが、今日は、ヴァイオリンがソロを務める、実質「ヴァイオリン協奏曲」なのに、交響曲、と名乗る一風変わった曲を取り上げましょう。

    フランスの作曲家、エドゥアール・ラロの書いた、「スペイン交響曲」です。

  • スペイン交響曲の楽譜
    スペイン交響曲の楽譜
  • 第1楽章は『交響曲』と名乗るにふさわしい勇壮な出だしで始まる
    第1楽章は『交響曲』と名乗るにふさわしい勇壮な出だしで始まる

43歳で大失敗、作曲の意欲を失う

   この曲は、実質ラロの「ヴァイオリン協奏曲 第2番」というべき曲なのですが、ラロはなぜかこの曲に「スペイン交響曲」というタイトルを付け、世に送り出しました。そして、彼自身の代表作となったのです。交響曲も、協奏曲も、クラシック曲の中では花形で、その作曲家の代表作、とされることが多いので、この曲がラロの代名詞となることには不思議はないのですが、なぜかタイトルと中身がしっくりきません。

   エドゥアール・ラロは1823年フランス北部の街、リールで生まれました。ラロ家は軍人の家系で、16世紀にスペインから、戦を求めてフランドル地方に移住してきたのです。父、デジレ=ジョゼフは、1813年に退却するナポレオン軍とプロイセン=ロシア連合軍で戦われたリュッツェンの戦いで手柄を挙げたことを誇りにしているような人で、エドゥアールにリールでチェロを習わせることには同意したものの、家系から職業音楽家を出すことには猛反対しました。チェロのボウマン先生は、リールという音楽的には中心といい難い地に住んでいたものの、ウィーンでたびたびベートーヴェンのもとで演奏した、というキャリアの人でした。

   先生の影響でしょうか、16歳の時、ついにエドゥアールは父に反旗を翻してパリに出ます。パリではヴァイオリンと作曲を学び、若き作曲家の登竜門である「ローマ大賞」の2等賞を24歳のときに獲得したりしますが、作曲では身を立てることができませんでした。19世紀前半、パリで人気を誇っていたジャンルはオペラで、彼もオペラ作曲を試みますが、43歳の時に発表したシラーを原作とする「フィエスク」は大失敗で、作曲の意欲を失うほどでした。彼は、室内楽のヴィオラ奏者として活躍していたので、このまま「作曲家ラロ」は誕生しないかと思われたのです。

名人サラサーテとの出会い

   しかし、2つのことがおこりました。42歳の時に生徒の一人で、やはり軍人の家系だからということで結婚した妻ジュリーは優れたアルト歌手で、それまでラロが書き溜めたたくさんの歌曲作品を歌って夫を励ましました。

   一方で、1870年代、パリの音楽の潮流が変化してきたのです。それまでのオペラ一辺倒から、ヴィルトオーゾ・ソリストの名人芸を堪能する器楽コンサートの人気が高まり、そこに登場したのが、スペインのスーパー・ヴァイオリニスト、パブロ・デ・サラサーテだったのです。

   サラサーテは、ラロに出会うと、自分の高い技術に合わせて、さらにソロ・パートを難しくするように要求しました。そして、1874年にサラサーテのソロヴァイオリンで「ヴァイオリン協奏曲第1番」が上演されると、まず大成功となります。

   ラロにとって、サラサーテとの出会いは、高いテクニックを要する協奏曲を作る動機を与えてくれただけでなく、自分の中に眠っている先祖の血...「スペイン」を思い起こさせてくれるものでした。同じ1874年、事実上の「ヴァイオリン協奏曲 第2番」であるにもかかわらず、「スペイン交響曲」として、発表された作品は、フランスから見ていつもエキゾチックな隣国、スペインの情緒があふれた曲で、スペイン人、サラサーテの名人芸によって初演されると、空前の大ヒットとなります。ちょうどビゼーのスペインを舞台にしたオペラ「カルメン」の1か月前に初演されたこの曲によって、パリにはいわば「スペインブーム」が到来し、そのあとに続く作曲家たち...ビゼー、シャブリエ、ラヴェル、ドビュッシーといった人は、スペインに実際に足を運んだり、スペイン風の作品を作曲したりすることになったのです。

    ラロ自身にも、大変な名声をもたらした「スペイン交響曲」ですが、気が付いてみれば彼はすでに51歳になっていました。演奏だけでなく作曲家も志してパリに出奔してきた若いころのラロにとって、若いころの作品は認められず人生に懐疑的になったかもしれませんが、50を超えて、サラサーテと出会い、パリの音楽シーンが変化して、結果的にラロは、音楽史に残る名曲を生み出したのです。協奏曲、というソリストにフォーカスしただけの作品と受け取られたくない、これはスペインをモチーフにした巨大な「交響曲なんだ!」というラロの当時の意気込みが、タイトルに込められているのです。

 

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中