広瀬すず「『ちはやふる』続編決定でパニックになって大号泣しました。また千早に会えるんだってことがうれしくて」

印刷

   女優の広瀬すずは5月2日(2016年)のブログで、主演映画「ちはやふる」の続編決定に

「また心から大好きなみんなとあの大好きな世界に染まれること、終わりじゃないってことがなにより嬉しくて嬉しくて嬉しくて」

と語った。

   「ちはやふる-下の句-」公開初日の先月29日、都内の映画館で行われたPRイベントで続編決定を知らされた広瀬はその場で泣き崩れた。翌日にはツイッターで「昨日から...放心状態続いてる...落ち着いたら...改めて報告させて...く...ださ...い...ごめん...なさ...い...」と話していた。

   2日のブログではその日のことを、

「夢みたいで現実なのかわかんなくなって頭痛くなって苦しくなって涙が止まらなくて。でもなんか自然と込み上げてきた嬉しさと混乱してパニックになって大号泣しました」

と振り返る。

「みっともない姿おみせしてごめんなさい。こんなに状況読み込めないことあるんだっておもったほど、興奮状態でした」。

   それでも、「また千早に会えるんだって。やりたい。がんばるから」と意気込み、「ちはやふるがあったからこそいまの自分もいて。千早として生きさせてもらってありがとうございます」と原作者の末次由紀に感謝していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中