働く女性の比率が8年ぶりに上昇

印刷

厚生労働省が2006年3月29日に発表した「平成17年版 働く女性の実情」によれば、05年の15歳以上の女性労働力人口は2年連続で増加。就職中もしくは求職中を合わせた労働力率は48.4%で前年比0.1ポイント増と8年ぶりに増加に転じた。特に45歳以上の就職、就職希望が増えている。また、45歳以上の男女1万1千人にアンケートし「女性も家庭にとどまらず積極的に仕事をすべきだ」と娘に伝えているのは、女性が51.5%、男性が34.4%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中