NHK、短波国際放送の規模を縮小 テレビとインターネットを強化

印刷

NHKは2006年7月25日、短波によるラジオ国際放送「ラジオ日本」の規模を07年10月から縮小する、と発表した。北米、ハワイ、欧州(ロシア語を除く)向けの送信を廃止するほか、現在22カ国語で行われている放送のうち、イタリア語など4カ国語を廃止する。フランス語はアフリカ向け、スペイン語は中南米向けに限定する。今後は、テレビ国際放送「NHKワールドTV」を強化する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中