楽天中間決算、ECや証券事業で好調

印刷

楽天は2006年8月18日、06年6月中間期の連結決算を発表し、経常利益は前年同期比81.8%増の208億6,900万円となった。売上高は1,053億1,800万円(同194.0%増)。EC事業で売上高が76.4%増、証券事業で約2.4倍となり、全体の売上高を押し上げた。三木谷浩史社長は決算説明会で、アマゾンジャパンがショッピングモールへの参入を検討していることについて「基本的にはEC市場が大きくなるのはいいこと。切磋琢磨できればいい」と、歓迎する余裕を見せた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中