女流作家「子猫殺し」 ネット上で騒然

印刷

   2006年8月18日付け日経新聞(夕刊)「プロムナード」に掲載された、直木賞作家・坂東眞砂子さんのエッセイが、ネット上を騒然とさせている。「私は子猫を殺している」というのである。坂東さんの掲示板では、06年8月19日にエッセイのコピーが書き込まれてからコメントが突如急増し始め、坂東さんへの批判が怒号のごとく続いている。... ...
[記事に戻る]

1 2 3
001
匿名 2006/8/21 21:05

俺が拾った子猫が半年後、窓から脱走して、子供を産んだ。
出産に立ち会ったが、三匹中一匹目は逆子?で、死産となってしまった。
親猫が胎盤を食べたり子猫を舐めたりしている中、一匹目の遺体を
埋葬しておいた。すると親猫は、他の2匹を忙しそうに舐めながら時折私の顔を
見上げて「ニャー」と鳴いてはまた子猫をなめる。そしてたまに部屋の中を歩き回っては
タンスの陰や、引き出しの中を匂いを嗅ぎながら私の顔をみて、「ニャ-ニャ-」。
猫の言葉は解からないがもちろん、「もう一匹の子供は何処に行ったの?」
と言いたかったに違いない。
その時の猫の顔はとても悲しそうだった。

いまでは3匹の猫家族は家で幸せに暮らしています

002
匿名 2006/8/22 08:51

動物愛護に関する法律について、しっかりとりあげてください。

003
匿名 2006/8/22 17:29

社会が作家に対して倫理を求めること自体が間違ってると思うが……

004
匿名 2006/8/22 21:04

最初から坂東眞砂子は猫を飼うな。ただのエゴだ。

005
匿名 2006/8/22 22:39

猫全体の存続を考えれば、間引きは猫を愛玩飼育する者の義務
人間もそう成らないよう望むのみ 否 戦争は人類が無意識に行っている間引きではないのか?

006
匿名 2006/8/22 22:45

勝手な倫理観をお持ちになるのは自由だし、プライベートでお話しになったりするぶんには問題ないと思いますが、、勝手な倫理観によって犯罪行為を犯していることを、大新聞という中学生も見るような場で公表することが問題だと思います。
愛玩動物である猫を虐待殺傷することは日本の法律では犯罪です。(ちなみにタヒチでも犯罪だそうですよ)
子供たちにモラルを教えていかなければいけないと、凶悪犯罪が起きる度に結論づけていたのは「新聞」等のマスコミではなかったのですか?
「なるほど、自分なりの倫理観があれば犯罪行為を犯すこともアリなんだな。」「自分が正しいと信じていればいいんだ」と思う子供が出てきたら…どうするのでしょうか?
日経は「作家の責任」だから知らないと言ってるそうですが、新聞が社会に及ぼす影響力への責任は負わないということなんでしょうか?
甚だ疑問で遺憾に思います。

007
匿名 2006/8/22 22:59

タヒチ在住でこの発言。完璧な売名行為です。本当にどうもありがとうございました。

だが、馬鹿がうつると嫌だから本を買うのは断る。

008
匿名 2006/8/24 07:21

友人の田舎は沖縄の離島ですが、島中猫だらけなので家の近所でこれ以上増えるのが嫌なところは子猫を海に投げ捨てている。子供の時から普通の光景として見ていたので特に罪悪感も沸くはずがなかったが本土に来てからこの話をしたら、聞いた人はみんな引いていたといっていました。

動物愛護協会は幸せな人や余裕のある人が、人間は万物の頂上にいると思っているのか、何処か上からモノを見下ろしている考えなんではないのか?ガイア思想などから考えたら別におかしい考えではないだろう。昔生活に困って行っていた「姥捨て山」の存在や「娘を女衒に売っていた」という行為はどうなるんだ、などと色々熱く語ってくれました。
なるほどなぁと思うところもあり、なかなか楽しい討論になりました。
最近、親が子を・子が親を殺すといった事件が多い中、倫理観について考え直す為の一石を投じたかったのではないのかなぁと思います。

009
匿名 2006/8/24 08:27

ありえない。意味もわからない。だって生れてきた子達の命は責任がとれてない。だったらそのような行為をさせないことからの責任をとってあげてください。

010
匿名 2006/8/24 08:55

動物を飼育する権利はないと思う。坂東さんは自分が一度、子猫を投げ捨てている崖へ落ちてみるといい。2度と投げ捨てようなんて思わ
ないように..最低以下な人だ。

011
匿名 2006/8/24 09:53

このひとはネコ殺しの責任を自分に課しているということを言っていますが、その後反省の色なく何度もやっているようですね。ほんとうにつらい・哀しいと思うなら、もうそんな可哀想なネコ、可哀想な人を増やさぬように対処するのが本当でしょう。この人に殺されるために生まれてくるネコ、なんて可哀想なんでしょう。愛猫のお腹が大きいときももう赤ちゃんの運命は決まっているのに、どんな神経で世話をしていたのでしょう。生まれてくるのを待って殺す、想像すると恐ろしいです。
みんな可哀想なネコが増えるのを防ぐために、避妊手術や里親募集などやっているなか、この人がやっていることはただの持論を振り回しての動物虐待です。
この内容のエッセイを新聞に載せるという日経が信じられません。この意見を肯定しているのでしょうか?作家の文面ですし、与える影響の大きさを考えると自粛する必要があったと思います。
うちでも日経をとっていますが、抗議した上、とるのをやめます。

012
ぬこ好き 2006/8/24 10:12

来世に猫or犬で生まれることがあったら坂東眞砂子に崖から放られないといいなあ放られちゃった仔たち(-人-)ナムナム

013
匿名 2006/8/24 10:35

おまえら殺生が悪いなら虫も殺すなよな
生まれたばかりの目の開いてない子猫を捨てるのは
大昔から普通に行われてきたことだよ
町中育ちのぼんくらは何も知らない

014
匿名 2006/8/24 10:41

身をもって痛みを感じたのは、母猫から引き離されて
崖下に投げ落とされた子猫と、子猫を取り上げられた
母猫のほう。

「殺す痛みを背負う」などと綴られても、自分の行為に
陶酔している様にしか感じられない。
自分の心の状態にだけ目を向けないで欲しい。

015
匿名 2006/8/24 11:30

「子猫を捨てるのは大昔から普通に行われて…」「子供の時から普通の光景」
      ↑
 これを普通ということ自体が、普通ではないと思います。当たり前ということは、見慣れていること、つまりは一種の洗脳のようなものであり、単に責任逃れであり、エゴイズムであり、異常です。

016
匿名 2006/8/24 12:15

この件について、批判が殺到しているようだが、ペットを愛するということは人間のエゴ以外の何物でもないことを忘れてはならないと思う。
避妊手術をして生まれてこない方が殺さなくてすむ、という考え方は果たして正しいのか。そもそも動物は、交尾をして子供を生むことが本能なのだ。それを増えられると困るから、という人間の勝手な理由で強制的に避妊手術することを、どのように考えられるのか。
猫がかわいそう、という感傷的な書き込みが目立つが、その書き込みをしている人たちに問いたい。殺されるぐらいなら、避妊手術の方がマシなのか?彼ら動物にとっては、それが生きる意味をなくす、ということについてどう考えるのか。自分たちが愛することが猫にとっても幸せなんだ、というのがすでに人間のエゴであると思う。
保健所では毎週多くの犬や猫が薬殺されている。いわば我々が殺しているのである。そのような現状を作り出している社会を容認していることをどう考えるのか。
殺すという点にフォーカスするならば、普段我々が食べている肉や魚、植物はどうなるのか。かたや殺すなといい、かたや食のために養殖する。すでに動物に対しての接し方すべてが人間のエゴなのであると思う。
事の善悪判断は別として、ペットとして飼っていることの責任と、エゴを自覚して、さらにそれを背負うという道を選んでいる彼女の姿勢自体は理解すべきであると思う。

017
匿名 2006/8/24 12:23

自己告白‥。これ程ちゃんとした証拠があるのなら、在住のタヒチの法律で捌いてもらえる様、なにか方法はないのでしょうか?

018
高柳 2006/8/24 13:02

ペットを飼うことにより、命の大切さや思いやりの心が生まれるのではないでしょうか?子猫を飼えないのなら避妊手術をしてやるのが飼い主のつとめだと思います。親猫も自分の生んだ子猫を探すのではないでしょうか?なぜそんな残酷な事が出切るのか?頭の中の何かが足りないのか?冷血なのか?もし自分が子供を産んで誰かに殺されたらどう思うのか?よく考えて欲しい。

019
匿名 2006/8/24 13:31

動物を保護することも駆除することもエゴである(無論避妊手術も含まれる)。人間のエゴを自覚しているかどうかは大きな問題だが、この場合の「責任を取る」とは「子猫の死を、どこかに生かす」ことだろう。自然界では、死んだ動物は他の動物に食われ、他の「生」を助けることで意味を持つ。死体を焼き払って埋めてしまうのは人間だけだ。野生の掟に従うとすれば、彼女は子猫を投げ捨ててしまうのではなく、食うべきだな。人間の掟に従うなら全て育てるのが普通かと思う。そのために引っ越したり、家を改築することも飼育のコストのうちだ。この記事では子猫の生死よりも(これを掲載した日経はともかくとして)フランス大使館に電話をかけまくる日本人の過剰反応の方に反吐が出る。

020
M 2006/8/24 14:11

私の住む田舎では、たくさん産まれてしまった子猫を処分することは、普通に行われてきました。かわいそうなことですし、決していいことだとは思いません。それぐらいなら飼わなきゃいいにの…とも思います。ですが、この掲示板で何人かの方がおっしゃるように、ペットを飼うこと自体が、すでに人間のエゴの上に成り立っているようにと思います。
ある人にとっては、家族の一員かもしれませんが、人間と猫(動物)は違います。それを過剰なまでに擬人化して考え、人間だったらと思いをめぐらす。それをやさしいとか思いやりにあふれていると感じるのは、個人の自由ですが、正義と考えるのは早計ではないかとおもいます。
肉や魚を自分の手を汚さずに食べている人間と、アフリカのライオンとどっちが罪が重いのでしょうか?
坂東さんはそうした人間のエゴと原罪を、深く受け止めたいと考えているのではないでしょうか。ただ、新聞という大きなメディアで発表するには、刺激的すぎたのかもしれませんね。

021
匿名 2006/8/24 15:16

同じエゴなら、生きているものを大切にするエゴの方がいいでしょう?犬猫に聞いてみたら?飼育されるエゴと、殺されるエゴのどちらがいいって。

022
匿名 2006/8/24 15:21

問題は(本人が望む・望まないに関わらず)坂東氏が公な立場でありながら、“社会に対する責任として子殺しを選択した”という発言を本人がどれぐらい色々な面での波及を考えながら
新聞紙面上で書き・発言したのかということ。“殺す”ということを美化しているような感じの文になっていることが問題ですよね。みんなが危惧しているのはそこの部分ではないでしょうか?そりゃ現在、国内で“増えすぎて困る”や“環境の為”等の考えで捨てたり、殺してしまう人もいるでしょうし、“そのままにしておくのが良い”、“かわいそうだから保護しています”という方、両方の意見の方がいるでしょう。ただ両意見共、昔からおおっぴらに公言しながら行っていたわけではないですよね。“個人の出来る範囲で行っていたこと”だから、それ程の問題ではなかったわけです。ただ、今回のように、(本人が望む・望まないに関わらず)公に知れ渡っている人間が新聞紙面上で語る内容ではないですよね。かなりガッカリ。

023
匿名 2006/8/24 15:30

牛や豚は家畜イルカや鯨は知能があるから食べてはいけない。考え方は個々に違っていても仕方がないが、猫や犬は人間が勝手に品種改良し金で買い捨てる。動物ではなく人間のエゴのペットとして私は避妊や去勢手術は必要だと考えてる。

024
匿名 2006/8/24 15:42

どんな意図があってこんな内容のエッセイを書いたのか?
坂東氏にはきちんと説明を求める。
それだけの反響を引き起こすこともある程度予想している中でのことであろうから・・・。
大新聞に直木賞作家が文章を載せていることを自覚して、
なおかつ説明が不十分でもよいと坂東氏が思うのならば、
それはある意味「愉快犯」の心理と同じではないか?
少なくとも原文を読む限り私には真意は伝わりかねる。
それだけの理解力しかない私の責任なのか?

もうひとつ、
このコメントを読み進めると、
「昔・田舎なら 珍しくもない話」という意見が出されているが、
坂東氏と決定的に違う状況と思われることがある。
坂東氏はおそらく食うに困るまたは猫が増えすぎて困る状況にはあらず、
よって殺す理由は見当たらないと思うのだが・・・。

025
匿名 2006/8/24 15:46

エゴだとか、どっちが罪が重いとか、倫理観とか・・・、そんなもの全部ひっくるめ人間の傲慢。どうでもいい。
単純に、私が母猫だったら「生ませといて殺すなら、手術して!」と言いたい。

026
rat 2006/8/24 15:59

 この問題が社会的にどう判断され、処断されるのか?(動物愛護団体から訴えられたり、自身の本が売れなくなるなど)その辺が気になるが、そもそも何故わざわざエッセーでそんなことを書くのだろうか?つい書きたくなったのか、自分の考えを主張したくてたまらなくなったのか、理由がよくわからない。
 文面からするとどうもペットの飼い主としての『責任』という立場からとった行動だとか。動物はもちろん動物の本能があり、たとえ人間に飼われていようともそれは変わらない。それは紛れもない事実だ。作者も子猫を殺す資格はないことは認めている。しかし一方で、野良猫を増やすことはいけないという社会の風潮があるのも確か。動物愛護、社会的制限の両方から見て、避妊が有効とされているのではなかったろうか?
 それともみんなでこれからは子猫を殺しましょうというよびかけだろうか?大々的に発表した作者の意図を本人に訊きたい。

027
匿名 2006/8/24 16:01

『犬猫に聞いてみたら?飼育されるエゴと、殺されるエゴのどちらがいいって。 』

どっちもイヤだって答えますね。絶対。
マシなエゴなんかありえない。エゴはエゴ、どんなエゴもエゴに変わりはない。
生まれてすぐに殺される気持ちを親身になって考えるのなら、他人に強制的に避妊される気持ちも、自分のことに置き換えて考えてみるといい。それを犬猫から抗議されないからって勝手に手術して、この子のためだなんて言って嘘ばっかり。
勝手に子供が産まれてしまって、里親探したり、世話したりするのがイヤな自分のためでしょ。美化してるのはどっちでしょう。
どっちも同罪です。
自らの手を汚してない分、避妊派の方の方が汚いかもしれません。

028
匿名 2006/8/24 16:40

読んだとき、ものすごい衝撃が走りました。
涙が出ました。

このようなことがあっていいのか…
産まれたばかりのか弱い子猫を平然と崖から投げ捨てる。
常人の沙汰とは思えません。
狂ってる。

フランスの警察に逮捕されるという噂があるようですね。
ぜひそうなってほしいです。
法の下に裁かれることは強く望んでいます。
この人だけは許せないと思いました。
それが、奪ってきた命に対するせめてもの償いだと思います。

029
匿名 2006/8/24 17:06

『犬猫に聞いてみたら?飼育されるエゴと、殺されるエゴのどちらがいいって。 』 どっちもイヤだって答えますね。絶対。マシなエゴなんかありえない。エゴはエゴ、どんなエゴもエゴに変わりはない。生まれてすぐに殺される気持ちを親身になって考えるのなら、他人に強制的に避妊される気持ちも、自分のことに置き換えて考えてみるといい。それを犬猫から抗議されないからって勝手に手術して、この子のためだなんて言って嘘ばっかり。勝手に子供が産まれてしまって、里親探したり、世話したりするのがイヤな自分のためでしょ。美化してるのはどっちでしょう。どっちも同罪です。自らの手を汚してない分、避妊派の方の方が汚いかもしれません。


獣医に聞いてみたら?
避妊と、子猫を取り上げられるのは
どっちに猫にストレスでますか、って…………。

030
匿名 2006/8/24 17:38

ここに書き込んでいる大半の人間が浅薄なヒューマニズムらしき論理だの感情だのに則って坂東氏を叩いているが、彼女の選択した行為の本質的な意味を理解してないことに呆然となる。
いつから人はこれほどまでに尊大にして蒙昧な存在になってきたのか。
ちったあ、お前ら考えろ!

031
匿名 2006/8/24 17:40

何故そんなに騒ぎ立てるの 大新聞が取り上げた・有名作家が書いた・ペットの飼い方・人権問題と動物愛護などなどが混同している感じ 殺し反対を叫ぶ方が正義で多数派で格好いいと思って投票していると思われる、私も何度もやって来たし、現在はイヌ(ペットとは云わないイヌは犬)飼っているが殺すつもりはない、オスなので子を生む・去勢はしてないが座敷犬なので外で種付けする心配もない(交尾が出来ず可哀想とゆうかも)はやいハナシこんな事をまともにそして真剣に論じあえる(それもほんの一部の小人数)のは現代日本の平和の証と喜ぶべきかも。

032
匿名 2006/8/24 17:47

>ここに書き込んでいる大半の人間が浅薄なヒューマニズムらしき論理だの感情だのに則って坂東氏を叩いているが、彼女の選択した行為の本質的な意味を理解してないことに呆然となる。...
あなたももっとしっかり、この事について考えるべきでは?
本質を理解しているのならどうぞ説明して納得させて頂きたい。
考えを込めた上での発言とは受け取れませんが。

033
匿名 2006/8/24 17:59

猫や犬、そのほかの多くの動物たちも感情をはっきりと口には出して言えません。その為、人間はかなり好き勝手な事やってますよね。殺されていった猫たちは最後のとき、作者さんの顔を見てにゃーにゃー言っていませんでしたか?作者さんの手に爪を立ててはいませんでしたか?その行動が彼らの精一杯なのに・・・と思うと心が痛みます。

034
坂東眞砂子は精神異常者 2006/8/24 18:20

坂東眞砂子は精神異常者です。
世界の尊い命を守る為、坂東眞砂子早急に消しましょう。
坂東眞砂子は生きる汚物です。
坂東眞砂子は糞尿そのものです。
坂東眞砂子の容姿からも汚物の生まれ変わりという事が分かるでしょう。
坂東眞砂子の映画も、
坂東眞砂子の容姿も、
坂東眞砂子の家族も
皆、糞尿です。
さあ、坂東眞砂子以外の
「正常」な精神を持った僕たち人間で坂東眞砂子を
映画界からも出版界からも消しましょう。
坂東眞砂子の本、映画は絶対に見てはいけません。
坂東眞砂子という汚物をこの世から消していきましょう。

035
匿名 2006/8/24 19:16

どこかの国では自分の家の鶏(養鶏)を絞めて血抜きをして捌くことを子供にしっかり教えた上で食べるという。それを原始的だと笑うならそれでもいいが、そういう人達は自分が何を何のために食べているか、人間とはどういう存在なのかをキチンと理解しているだろう。そういう人に意見を聞きたいものだね。

036
匿名 2006/8/24 19:56

生きた鶏も、生きた魚もさばけます。
美味しく、残さず頂きます。

でも、子猫は殺しません。殺すべきだとも思いません。

ペット動物の虐待は、れっきとした犯罪です。それを否定したいのなら、法律を改正して下さい。

037
ミーちゃん 2006/8/24 20:19

『殺すという点にフォーカスするならば、普段我々が食べている肉や魚、植物はどうなるのか。かたや殺すなといい、かたや食のために養殖する』

私達は食事をする時「いただきます」といいます。
早い話が「命をいただきます」というのです。
それは生きる為には当たり前だけれど、感謝の上で成り立っている行為です。(よく『べジタリアン』などと言って勘違いしてる方がいますが、野菜や米・麦も種という命があるんですよね。)
生きる為の行為と勝手な思考の元でやる抹殺とは明らかに違うと思います。

『ペットとして飼っていることの責任と、エゴを自覚して、さらにそれを背負うという道を選んでいる彼女の姿勢自体は理解すべきであると思う。』

理解すべき?なぜ?
彼女は理解は求めてはいないはず。

作家は言葉を書くのを生業としている以上、たくさんの人が読む事に対し責任を取らなくてはならない。
10代の多感な時期の子供がこの記事を読み、更に自己中心的な考え方を持ったらどうなるのかを、自覚してもらい。

038
匿名 2006/8/24 20:33

子猫の事で悩み苦しんでも、殺すのは頭の中だけで許される事だと思う。たとえ殺してしまったにしても、作家であるなしにかかわらず、道徳的に公にしてよい事と悪いことの区別が必要だと思う。

039
2006/8/24 22:35

このページにちゃっかり坂東氏の本の宣伝(amazonのアフィリエイト)が載っちゃってるのが癪ですね。

040
匿名 2006/8/24 22:36

許せません。ちゃんとこの女は罪を償い、報いを受けるべきです。
動物愛護法、実刑に処して欲しいです。刑務所へ行け!!

041
匿名 2006/8/25 01:29

モラルとか常識が屁理屈で壊れてってますね。。。
ペットを飼うも食肉を養殖するも人間のエゴだとか言う人、そおいう屁理屈は飲み屋辺りで刺身や肉でも突つきながら熱く語れば良い。
常識あるべき大人が、このような子供でも判断付く非常識な行為を美化し公表してる姿勢が許せんですね。
これを読んだ上で新聞に載せた日経も、もはやモラル欠落会社に落魄れましたな。。。

042
匿名 2006/8/25 01:37

生まれた子猫を殺す・・・この行為は現代社会(特に比較的豊かな国)に生きる人間の感覚からすれば受け入れ難いものです。一方で、避妊、去勢手術の方がいいという意見を積極的に肯定する気もありません。
両者の根底には「間引き」という共通点があります。私も社会に生きる以上保健所の野良猫、野良犬の処分やペットの避妊、去勢等の「間引き」はやむをえないと思います。しかし、他の種をペットとして愛玩物にしたり、命を管理しようとする行動自体が人間のエゴだということを常に頭に入れておくべきです。日本社会福祉愛犬協会のコメントに「基本的に犬だって猫だって人間が管理している動物。・・・・避妊手術に対して思想的に受けつけないと言って殺すのは人間の勝手」とありますが、これこそまさに人間のエゴの表れです。ペットに避妊をさせることは人間の勝手ではないのでしょうか?避妊はあくまで飼い主が「人間社会」に対して責任を取っているだけです。実際、場所によっては土着の風習として殺しによる「間引き」を行っているし、昔はごく一般的なことでした。昔はこれが一般的な人間の社会に対する責任の取り方だったのです。それが技術の進歩により生まれる前に「間引き」が行えるようになっただけです。人間を除く動物は子孫を残すために本能的にSEXを行っているのです。生命本来の行動を否定するという点においては「子猫殺し」と同様単なる自己満足です。
この数日で様々な議論を呼んでいますが、実際にこのエッセイを読んだ後よく吟味した人はどれ位いるでしょうか?そもそも非難を浴びせる人の多くは、普段保健所が行っている動物の処分について考えたことはないでしょう。これだけ反響があるなら日常的に保健所や、間引きのための鹿の狩猟に対して反対意見がでてもいいはずです。それをただ過剰反応して可哀想、良心がない、精神異常者、人格破綻といって一言、二言の非難をしているだけの人も私から見ればただの偽善者です。私はこの記事を人間のエゴに対する問いかけととらえます。ろくに考えもせずにただ擁護したり、バッシングをしているのでは相手に対する一方的な「非難」でしかなく、「批判」ではありません。勿論子猫殺しは到底容認できるものではありません。しかし、反対意見の多くも所詮はあくまで人間の観点から生まれた倫理観、道徳観を他の動物に強制しているに過ぎません。本気で反対するなら、人間のエゴをよく考えた上で中身のある「批判」を述べるべきです。

043
おちゃぼん 2006/8/25 01:56

人間のエゴでしょうが、何度も子猫は私には殺せません。生存競争や病気に負けて死んでいく姿も見たくないです。死んだ子猫に寄り添う母猫も見たくないです。だから避妊手術をします。大好きなうちの猫の子供がほしくてもそうします。坂東さんは子猫殺しを楽しんでます。でなければ何度もできることではありません。

044
飼い主 2006/8/25 03:18

わたしは生まれた直後の目のあいてない子猫は残念ながらすぐ殺します。

残酷と思われると思いますが、ごめんね、ごめんね、ごめんね・・と、 橋のたもとでコンクリートに頭をたたきつけて絶命させて川に流します。

方法こそ違えど、過去40年行っております。

今、我が家には9匹の猫がおりますが・・  今月中に一匹去勢すれば・・  
もう今までみたいな悲しい思いをして猫を殺さなくてすむでしょう。

去勢もひとつの方法でしょうが、 違う意味で親猫の子育てに対する「猫権」を1回だけでも体験させてやりたいと思っているところです。

最後に、実際子猫を殺すってことは・・ 
子猫を可愛がるよりは、   はるかに心の整理が必要ですよ。

045
猫の管理者 2006/8/25 03:44

私は過去40年子猫が生まれたら目が開かないうちに始末しています。
ごめんね、ごめんね、ごめんね・・・ と、生まれた数だけあやまりながら、端の欄干に頭をたたきつけて絶命させて川に流します。 方法こそ違えどずーと40年毎年のことでした。   ・・・というのは我が家には今9匹の猫がおりますが、「猫権」を尊重してメスの猫には1回だけ子育ての経験をさせてから去勢します。
センチメンタルでは猫は飼えませんよ。 
     

046
匿名 2006/8/25 10:22

“自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである”→→“子離れできない親”の考え方ですね(自分が全て支配しているかのような書き方)。ホントに引き受けていますか?何を????“子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ”→→この差が凄く大きい事を全く理解できていないようですね。“避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずに済む”→それで良いんじゃないですか?何が悪いのでしょうか?実際に生きた生物を殺すことから本人が受ける身体・心ダメージ等を考えるとどう思いますか?もう一度本人の意見も聞きたいですね。“理想としての生き方・考え方”ではなく、“実際に現実に生きている人間・生命”としての意見を。

047
ラクシャーサ 2006/8/25 12:50

どんな理由、考えかただろうと関係ない。
この女はただのクレイジーな殺し屋。
死刑。捨てた命たちに詫びさせるべき。
生きている資格はこの女にはない。

048
匿名 2006/8/25 14:37

生まれた子猫を捨てる行為は、昔からよくある行為。
これ自体、悪い行為だとは言い切れない。

そして、猫に避妊や虚勢手術するのは、反対と考えている。
この行為自体、人間の勝手な都合。

それにしても、他の方のコメント、偽善者発言が多いね( -_-)フッ

動物愛護が云々と言っているが、あんた達は、どんな生き物(蚊とかハエとかゴキブリ)でも、殺さないのか?と問いたい。
一切の殺生をしないなんて出来るわけがない。

049
匿名 2006/8/25 16:02

“一切の殺生をしないなんて出来るわけがない”って、そんな事は当たり前で理解してるだろ(理解していない方がはるかに少ない)。問題は新聞とかで“正論とした書き方をしたことがどうか”ということ。個人で仕方なくやってきた事と同じじゃないんだよ。今回は。“近所のおばあちゃんが自分の出来る範囲で処分していた。だけど大っぴらにその話をしたことはない”というのと明らかに違うだろ。文自体と発表する媒体が新聞であったという事がダメだと言っているんじゃないの?

050
2006/8/25 22:31

"生まれた子猫を捨てる行為は、昔からよくある行為。"
って・・・
昔からよくあることかどうかは善悪と関係ないよ。

1 2 3
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中