2019年 4月 25日 (木)

「対戦相手に失礼だ」 亀田バッシング再加速

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2006年10月18日に予定されていたWBAライトフライ級王者、亀田興毅選手の初防衛戦が、練習中の怪我のために延期されることが発表された。だが、この延期の事実が、対戦相手のランダエタ選手に知らされていなかったことが判明、「対戦相手に失礼なのではないか」との声も上がっている。延期が決定される前にも、テレビ東京の社長から「日本の恥」呼ばわりされるなど、批判の嵐は止みそうもない。

   初防衛戦の延期が発表されたのは10月2日。9月29日に、亀田選手が練習中にパートナーからのパンチで左まぶたを切り、8針を縫う怪我を負った。全治1ヶ月と診断され、ドクターストップがかかった形だ。延期された試合は、12月中旬以降に行われるという。

延期がランダエタ選手に伝わっていなかった

亀田選手は「ビッグマウス」のままだ
亀田選手は「ビッグマウス」のままだ

   ところが、この防衛戦の延期が、あろうことが対戦相手のファン・ランダエタ選手に伝わっていなかっのだという。10月3日朝に放送されたテレビ朝日系列の「スーパーモーニング」の取材に対して、ランダエタ選手は「(延期について)今、初めて聞いた。すぐにWBAに確認してみる」と発言したのだ。

   これに対しては、ネット上などで

「こういうことは 早めに知らせてやるべきじゃないか?」
「おいおい、一番に連絡してやれよw」

と、対応に疑問の声が上がり始めている。もっとも、サンケイスポーツが報じるところによると、協栄ボクシングジムは亀田選手が負傷した翌日の9月30日、ベネズエラにあるWBA本部に連絡を済ませてあったのだという。同本部は、ランダエタ選手が練習するジムの階上にある。休日を挟んだため、話がうまく伝わっていなかったようだ、と同新聞は伝えている。

   これが本当だとすると、協栄側は痛くもない腹を探られてしまった形だが、亀田選手に対する批判は、試合延期の発表以前も非常に多く、ヒートアップするばかりだ。テレビ東京の菅谷定彦社長は9月28日の記者会見で「ああいう世界チャンピオンは日本の恥」と切り捨てた上で、「健全な番組を提供するテレビのあるべき放送ではない」と、亀田選手の試合を中継するTBSの姿勢も批判した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中