2019年 12月 7日 (土)

「対戦相手に失礼だ」 亀田バッシング再加速

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「お前らどこまで俺らのこと知ってんねん」

   自衛官の間で購読されている「自衛隊新聞」の10月1日号に掲載されたコラムでは、早稲田実業の斎藤祐樹投手が早大進学にあたって「人間的にも、もっともっと成長したい。世界は広いです」と謙虚な発言をしたことに対して、亀田選手には「祐ちゃんのツメのアカでも飲ませてやりたい」と亀田選手の「ビッグマウス」ぶりを非難した。

   一方の亀田選手は、相変わらず「ビッグマウス」を貫く構えのようだ。自身の公式ウェブサイトでは、試合延期を発表した2日には

「試合を楽しみにしてた人にはほんまに申し訳ないと思ってる。自分が情けない。ほんまにごめん」

と、若干低姿勢ぶりを見せたものの、翌3日には

「今マスコミの前に出ていいこと喋ったりしても、その人の解釈のしかたで変な方向にいったりする。テレビでも編集のやりかたで俺らがわる者みたいな感じにされてまう。(略)あることないこと俺らの話題で胡散臭いオッサンらが、何でも知ってるかのように喋ってるやん。お前らどこまで俺らのこと知ってんねん!って思うわ!(笑)」

と、マスコミ、特にワイドショーに登場する評論家たちへの不信感をむきだしにしてみせた。

   年末の防衛戦まで、今のところ「亀田バッシング」が沈静化に向かう要素は見つからないままだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中