家賃半年無料 そこまできた賃貸事情

印刷

   アパート、マンションを一定期間タダで借りられる「フリーレント」物件が2006年に入って首都圏で急速に増えている。中には、なんと、入居から半年間の家賃無料という物件もあるそうだ。東京・新宿に本社を持つ賃貸物件仲介会社では「現在扱っている物件の20%がこのフリーレント」と話す。土地の値段は上がっているのに、なぜこんなことになっているのか。

   「フリーレント」というのは、「賃料無料」という意味だ。もともとはアメリカの制度だが、日本では、首都圏のオフィスビルの新築ラッシュと不況のあおりを受け、テナントがなかなか埋まらない90年代後半に始まった。ビルのオーナーが苦肉の策で打ち出したサービスだった。

扱い物件の約20%がフリーレント物件

都内のマンション群。ここでもフリーレントは導入されているのか
都内のマンション群。ここでもフリーレントは導入されているのか

   景気が良くなってオフィスビルの需要は伸び、賃料も上昇したが、賃貸アパート、マンションは供給過多が続き、「フリーレント」が2年ほど前からアパート、マンションへと導入された。

   ネットで不動産会社のホームページを見ると、多くがこの「フリーレント」物件のコーナーを設けている。
   アパマンショップホールディングスJ-CASTニュースの取材に対し、

「フリーレントは増えています。借り手有利の状況下で注目されてきた制度なんです。特に夏場は物件が動かないため、多くの物件がフリーレントで出てきます。うちで扱っているのは1ヶ月~2ヶ月タダというのものが中心です」

と答えた。

   東京・新宿に本社を持つ仲介のア・ライズエステートでは、1年前ではフリーレント物件はほとんど無かったが、現在は扱い物件の約20%を占めるまでになった。「礼金、敷金がゼロで、さらに1ヶ月分の家賃がタダだったり、敷金を納めると2ヶ月分がタダなど色んな物件があります」とJ-CASTニュースに話した。空き部屋に入居者を入れるため、「フリーレント」を導入するマンションのオーナーが今年に入り急速に増えてきたのだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中