2019年 5月 22日 (水)

近未来通信 稼動サーバはたった7台

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

IP電話事業で投資家を募集していた近未来通信で、投資家が購入した通信用サーバ2,466台のうち7台しか稼動していなかったことが、総務省の検査で2006年11月30日に明らかになった。同社はIP電話通信に必要な中継局サーバの設置費用を負担するオーナー(投資家)になれば、通話料をオーナーに還元するとして投資家を募っていたが、実際には通信事業の実態がほとんどなかったことになる。また、総務省によれば、同社の05年7月期の売上高約181億円のうち、通信サービス料収入は約3億円にとどまるという。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中