2021年 9月 23日 (木)

動画再生サイト「Rimo」にも著作権問題?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   検索エンジンでも分からない事を多くの人に調べてもらえる「人力検索サービス」などを運営する「はてな」が、インターネット上で動画を再生するサービス「Rimo(リィモ)」を2007年2月16日からスタートさせた。「おもしろくてなおかつ便利だ」と、人気を集めている一方で、「著作権法に違反しているのではないのか」と危惧する声もネット上で飛び交っている。

   Rimoは、動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」に掲載されている動画の中で、人気が高いものを自動的にピックアップしたもの。

検索不要、YouTubeの人気動画が次々と

Rimoは人気ミュージシャンの動画も再生しているが、すでに「以下の番組は都合により放送できなくなりました」と削除される動画も増えはじめた
Rimoは人気ミュージシャンの動画も再生しているが、すでに「以下の番組は都合により放送できなくなりました」と削除される動画も増えはじめた

   YouTubeは投稿された動画の数が非常に多く、見たいものを検索するのに手間がかかる。その点、Rimoにアクセスすれば誰でも簡単に人気動画を楽しめるのだ。

   再生画面の左下にマウスを移動すると、テレビのリモコンのようなものがあらわれる。ここで、「音楽」、「お笑い番組」、「アニメ」、「ペット」の4ジャンルのどれかを選ぶと、そのジャンルの人気動画が自動的に送られてくる。興味がないものはスキップすることが可能で、盛りだくさんの動画から好みのものを選択して観ることができる。
   またRimoは、インターネット接続機能がある任天堂の「Wii(ウィー)」を使って家庭のテレビでも再生できる。
   もっとも、アナログのラジオのような音源と、画質の荒い映像は決してクオリティが高いとはいえないが、人気動画を無料で楽しめるとあって、2ちゃんねるでも

「こんなに手軽にヨウツベ(YouTube)を見れて満腹!! 操作が簡単なのが最高だな」

   と好評のようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中