2019年 1月 20日 (日)

Vista意外な「不人気」 個人ユーザー「当分XP でいい」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   マイクロソフト(MS)の新OS(基本ソフト)「ウィンドウズビスタ(Windows Vista)」の個人ユーザー版が発売されてから20日ほど経った。「待望の新OS」ということがあって、最初こそ爆発的な売れ行きだったようだが、ここへきて、すでに人気に陰りが出始めている。関連ソフトがまだビスタ対応になっていないこと、スペックが高すぎてメモリーが必要なことなどから「当分XP でいい」という個人ユーザーが多いらしい。

   2007年1月30日に世界同時に大々的に発売されたビスタだが、「それほどのものでもない」との評価もこの時期になって出てきたようだ。というのも、米マーケティング会社NPDの調査で、既存OSのXPが発売されたはじめの一週間の売上本数に比べると、ビスタの売上本数が59%も少ないことが明らかになったからだ。

発売翌週には「売れ行き好調」を維持できず

Vistaの「買い時」はまだ先?
Vistaの「買い時」はまだ先?

   英「PC ADVISOR」は2007年2月16日、「ビスタ、XP発売開始時に及ばず」と題し、「マイクロソフトがすべて悪いということではない」としながらも、ビスタの不調を報じたほか、米「ベータニュース(BetaNews)」も「ビスタの売上はそれほどではないかも」と題し、同様の内容を報じた。

   日本でもビスタの売上は発売直後から低調に転じている。調査会社BCNが2007年2月15日に発表したOS市場の動向調査結果によると、ビスタが発売された翌週の2月第1週は好調な売れ行きを維持できず、前週のほぼ3分の1に落ち込んだ。しかも、この時期のOS販売に占めるビスタの割合は、「ビスタ待望」の時期とも考えられる1月初旬のXPの割合とほぼ同じだ。2001年にXPが「待望の新OS」ともてはやされていたのを考慮すれば、人気低調といわざるを得ない状況だ。
   マイクロソフト日本法人はJ-CASTニュースの取材に対し、

「売上などについては公表していないし、(「売上がXPリリース時より減少している」という)仮定を前提に話すこともできない。ただ、社内には、売上が鈍っている、マズイぞ、といった状況ではない」

   とビスタの人気低調を否定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中