2021年 6月 15日 (火)

セリフ付「おふくろさん」ダメ 森進一もう歌えない?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   歌手の森進一さんといえば「おふくろさん」。これが、もう聴けなくなってしまうかもしれない。作詞した川内康範さんに無断で、歌の冒頭に他の作詞家が作ったセリフを付けて2006年大晦日の「紅白歌合戦」などで歌った、という理由からだ。しかし、このセリフが付けられたのは今から約30年前。森さんは「謝る理由がわからない」などと記者に話し、両者の言い分は食い違ったままだ。

「盗作と同じなんだ。人間として失格」

「おふくろさん」、もう聴けなくなる?
「おふくろさん」、もう聴けなくなる?

   騒動の経過はこうだ。川内さんが06年大晦日の「紅白歌合戦」をビデオで見て、森さんが歌う「おふくろさん」の冒頭に、自分が作詞したのではないセリフが付いていたことを発見した。森さんサイドに釈明を求めたところ、07年2月17日に話し合いの場を持つことになったが、森さんが体調不良を理由にドタキャン。これで亀裂が深まり07年2月20日に川内さんと森さんがそれぞれ記者会見を行った。

   川内さんは、この問題については10年ほど前から森さんに伝えていたとして、「やっていることは作家同士なら盗作と同じなんだ。人間として失格」と森さんを激しく非難。「僕の志と違ったことをやる者にはオレの作品は一切歌わせない」と森さんに言うと、居直って「結構だ」と言ったという。
   一方の森さんは記者団に対して、川内さんとは「直接話していない、事務所の職員が対応した」として、

「突然歌わせないといわれ、それは本当に僕も困るんですけど。えぇ、もうビックリしましたよ」
「先生が一言『いいよ』といってくれれば(中略)大きな心で見守ってほしい」

   などと話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中