2019年 9月 23日 (月)

亀田父が審判を脅迫 ライセンス停止のピンチ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ボクシングの亀田ファミリーが、またトラブルに見舞われている。日本ボクシングコミッション(JBC)のレフェリー、ジャッジなどで構成される「試合役員会」が、史郎氏の暴言に対して厳正な処分を求める要望書を送ったのだ。要望書では「史郎氏の謝罪がなければ、史郎氏がかかわる試合への役員派遣を拒否する」という厳しい内容だ。亀田ファミリーはいよいよピンチを迎えることになる。

暴言吐いた相手は「世界的権威」

各紙でも「要望書」の件を大きく取り上げている
各紙でも「要望書」の件を大きく取り上げている

   要望書は2007年4月10日付け。問題とされているのは、07年3月24日に行われ、興毅選手がメキシコのエベラルド・モラレス選手に判定勝ちした試合。試合終了後に、史郎氏が試合役員の控え室で、浦谷信彰レフェリー(役員会会長)に対して抗議した内容が「暴言に終始し、恫喝や脅迫とも受け取れる」とされた。この要望書では、史郎氏のトレーナーのライセンス停止を含む処分を求め、史郎氏の謝罪がない場合は、史郎氏がかかわる試合には試合役員の派遣を行わない、などとしている。

   「恫喝・脅迫」とされたのは、こんな内容だ。
   史郎氏は、興毅選手が5Rに奪ったダウンをめぐって、浦谷氏に対して、ものすごい剣幕で

「なぜ5Rのダウンで止めない。亀田だけのルールをつくるな」

   などと詰めより、関係者に制止されると

「今度はきちんとボクシングが分かる人間にやってもらう」

と、捨てゼリフを吐いたのだという。
   ちなみに、史郎氏が暴言を吐いた相手の浦谷氏は、高校・大学とアマチュアボクシングを経験し、審判歴は約20年。これまで裁いた試合数は、レフェリー、ジャッジ合わせて約1万にのぼり、1994年の薬師寺-辰吉戦も担当した。世界ボクシング評議会(WBC)では同氏が裁いた試合を審判会議のビデオ教材にするなど、いわば「世界的権威」でもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中