2019年 4月 24日 (水)

米高官売春スキャンダル 「性的幻想を提供」って何?

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   米ワシントンが売春スキャンダルに揺れている。ランドール・トビアス国際援助庁(USAID)長官が高級売春組織の顧客だったと認め、辞任したのだ。この組織を運営したとして起訴された被告は、「『性的幻想』を提供したのであって『売春』ではない」なとど意味不明な主張を繰り広げつつ、法廷戦術として顧客リストをテレビ局に暴露、思わぬ「大物」の名前が飛び出しそうだ。

「マッサージを受けただけで、性行為はなかった」

現地メディアも、今回のスキャンダルを大きく報じている
現地メディアも、今回のスキャンダルを大きく報じている

   発端は、2007年4月、検察当局が、「DCマダム」の通称で知られる、カリフォルニア州在住のデボラ・パルフリー被告を組織売春の罪などで起訴したことだ。1993年から06年までの13年間、「大学教育を2年以上受けた23歳以上の女性」の派遣を売り物に、約200万ドル(約2億4,000万円)以上を売り上げたとされる。

   DCマダム側は容疑を否定した上、顧客の電話リストの一部をABCテレビに渡した。このリストをもとに同局は前出のトバイアス氏に取材、同氏は被告が運営する組織を数回利用したことを認めた。同氏は「マッサージを受けただけで、性行為はなかった」と主張してたが、「一身上の都合」を理由に、直後に辞任している。ブッシュ大統領が、同氏のアフリカでのマラリアとエイズ対策への功績をたたえた、わずか2日後のことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中