ガタつく三菱UFJ、記者の「夜回り取材」で懲罰??

印刷

   三菱UFJがガタついている。飛鳥会への不正融資問題や投資信託の販売をめぐる不適切な対応、行員による女子大生へのセクハラ事件、米国でのマネーロンダリング(資金洗浄)問題と、最近やたらとコンプライアンス違反が目につく。2007年6月11日には海外業務と投資信託の販売業務をめぐって、とうとう金融庁から業務改善命令を受けた。

旧東京三菱と旧UFJの確執?

三菱東京UFJ銀行は「夜回り取材に応じたからといって罰するわけではない」と話す
三菱東京UFJ銀行は「夜回り取材に応じたからといって罰するわけではない」と話す

   なかでも、リテール(個人対象)業務の柱に成長しつつある投信販売では、注文を受けておきながら発注を忘れたり、間違った発注をしたり、原状回復や損失補てんの説明が不十分だったりと、あまりにずさんだった。

   しかも、こうした事案について、旧東京三菱銀行には「顧客に謝罪し追認すれば解決する」という認識があった。旧UFJにはしっかりと「謝罪で済ませることは厳禁」という規定があったにもかかわらず、新銀行となって旧UFJもこれにあわせていたという。

   合併によって、システムや規定を一方の銀行に「片寄せ」することはめずらしい話ではないが、お客にとって悪いことまで片寄せするのはおかしい。

   行政処分が出た翌日(6月12日付)の読売新聞は、「三菱至上主義が幅をきかせている」と報じた。6月9日付のフジサンケイビジネスアイは、「エリート三菱と野武士のUFJ 融合遅れ あつれき表面化」と旧東京三菱と旧UFJの確執を伝えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中