2018年 11月 17日 (土)

「おいしい食べ物多い」1位高知 「なぜだ!?」とネット論争

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   リクルートが「おいしい食べ物が多い県」はどこか、とアンケートしたところ、高知県が1位という結果だったが、ネット上では「なんで高知県なんだ?」という疑問の声が飛び交っている。「2ちゃんねる」でも結果に対する疑問が噴出し「祭り」状態。「ホントにうまいものが多い県は・・・」という論争にまで発展している。

「高知なんざ カツオぐらいしか無いだろう!」

「最高のモノは地元ではなく築地市場に集まる」そうだ
「最高のモノは地元ではなく築地市場に集まる」そうだ

   このアンケートは、リクルートの「じゃらんリサーチセンター」が、全国約1万人の宿泊旅行者を対象に、2006年4月~07年3月の宿泊旅行について調べ07年8月2日に発表した。「地元ならではのおいしい食べ物が多かった」という質問では、1位が高知県、2位が北海道、3位・石川県、4位・香川県、5位・沖縄県、6位・秋田県、7位・山形県、8位・鹿児島県、9位・宮城県・三重県・長崎県となった。全体の傾向としては、地元で獲れる新鮮な魚介類をあげる声が多数で、また、「ゴーヤ料理」や「きりたんぽ」など、特色ある郷土料理を持つ県が上位に来たという。

   しかし、ネット上では高知県が1位という結果に疑問を感じる人が多く、「2ちゃんねる」でも多くのスレッドが立つ「祭り」になり、高知県バッシングとも取れるカキコミが出ている。

「高知なんざ カツオぐらいしか無いだろう!なんで一位なんだよ?」
「高知は皿鉢料理ぐらいしか思い浮かばない」
「リアル高知県人だが北海道の方が味覚の宝庫だろと言ってみる」

   そして、ホントはどこの県の食べ物がおいしいか、という論争に発展。

「青森が一番だと思う 特に魚介類は北海道より勝っている」
「佐渡、寺泊の海産物は有名」
「米は福島が意外とおいしい」

   また、こんなものもある。

「東があんなに宣伝してもTOP10に入れなかった宮崎…」

   当の高知県ではどう捉えているのか。高知県庁の県政情報課はリクルートのアンケート結果をかなり喜んでいて、J-CASTニュースの取材に対し、高知県に旅行に来た人の評価だからとても価値がある、とし、

「食べ物がおいしいということは感じていた。魚介類全般おいしくて、カツオの消費量は日本一。消費があるから、おいしいカツオが供給される」

と鼻高々だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中