2019年 11月 13日 (水)

駅員がスイカ情報検索 ブログでセクハラ書き込み

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   USBメモリーの紛失やウイルス感染で個人情報の流出が相次ぐなか、駅員がICカード乗車券に登録された個人情報を端末で検索、わざわざブログで公開して流出させる、という事例が発覚した。被害に遭った本人からブログのコメント欄で抗議されても「電話番号登録したお前のほうが悪い」などと開き直っていた。ブログにはどんなことが書かれていたのか。

個人情報が登録されている端末を不正に操作

ブログのセクハラ書き込みが問題になった
ブログのセクハラ書き込みが問題になった

   問題となったのは、東京メトロ銀座線の浅草駅に勤務する男性社員(26)が2007年8月16日に自身のブログに掲載した内容だ。首都圏で広く利用されているICカード乗車券「Suica(スイカ)」や「PASMO(パスモ)」には、再発行が可能な「記名式」が用意されており、購入時には氏名、生年月日、電話番号などの個人情報を登録する仕組みだ。男性社員は、この個人情報が登録されている端末を不正に操作、検索結果をブログに公開していたのだ。
   問題の記事は「しごとのはなし」と題され、端末の写真とともに「これ 窓口処理機 略して窓処」という書き出しで始まる。さらに、端末を操作する様子の写真が数枚、

「なまえをうちこむ」
「たんじょうびをうちこむ」
「すると 該当者がでる」

といった説明とともに掲載された。そして、検索結果が出た画面写真の横には

「ちなみにこの場合、記名式(定期)のスイカパスモを買ってる19XX年XX月XX日生まれの●●●●●●●という巨乳の女はひとりしかいないようです」

との記述。名前と誕生日から定期券の利用者を特定、その情報を流出させた上に、セクハラ発言とも取られかねない内容なのだ。

   東京メトロ広報部によると、情報流出の被害に遭ったのは、男性社員の「仲間うちのグループのひとり」「知人」といった間柄の女性。そうは言っても、知人に「巨乳」という言葉をぶつけるということは、そうそう許されることではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中