ゴールドマン・サックス、ティファニー銀座本店購入

印刷

米投資銀行大手のゴールドマン・サックス・グループは米宝飾品大手のティファニーの東京中央区の銀座本店ビルと敷地を約370億円で取得する。敷地は1坪(3.3平方メートル)あたり1億8,000万円になる。2007年8月26日付の日本経済新聞が報じた。ティファニーは売却のために入札者を募り、ゴールドマン・サックスが落札した。ロイターは米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が「(売却交渉が)最後の仕上げの段階にあると報じた」としている。ティファニーはゴールドマンと本店ビルの長期貸借契約を結んで営業を継続する。ティファニーは03年に約165億円で購入していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中